映画『利休にたずねよ』公開!


山本兼一先生の『利休にたずねよ』。直木賞も受賞した名作です。

実はこのお作、いつもお世話になってますN編集長の担当された作品ということもありまして、思い切り気持ち的に肩入れしております。 その作品が皆さんもご存じの通り、映画化されました!今とにかく話題ですね。TVでも海老蔵さんのお姿をよく拝見します。

そして昨日。いよいよ待ちに待った公開。私は映画にまったく詳しくないので、何も言う力を持ちませんが、試写会で拝見した、私なりの感想をちょっとだけ…
利休にたずねよ

さすが、大作と言った重厚な美の世界。お茶道具も千家さんのご協力で本物を使って撮影した、というだけあって、お茶を点てるシーンも多く、またそこに重点を置かれているのが非常に新しいように感じました。

いま、「茶の湯」というと、行儀作法を習う、と言ったどちらかと言えば女性的で清楚な印象があるかもしれません。でも、そもそも茶の湯とはどっぷり『男の生き死にをかけた世界』だったのですが、そんな気配を感じることができる映画だなあ、と!

特に印象に残ったのは、千利休を演じた海老蔵さんの所作の美しさ。やはり踊りで鍛えた身体は違います。体さばきがキレッキレですね。そして、伊勢谷友介さんの織田信長。ある意味、「これぞ信長!」、美しくて普通じゃない気配がしまして、うっとりしました。ぜひ伊勢谷さんが全編信長を演じる作品も拝見したい。これはちょっと余談ですけども…^^;。

本作品は、山本先生が提示された新しい千利休像を中心に紡ぎだされる「美」の光景を田中光敏監督が具現化した、それを目撃に行く…そんな風に鑑賞しますとと正解な気がしました。

茶の湯の世界が、「命がけ」だった時代。生と死がすぐそこにあり、だからこそ「美」が天国であり地獄であった、その緊張感をこの映画を見て、「感じる」ことができたように思います。

『利休にたずねよ』 (12/7から公開)
http://www.rikyu-movie.jp/

 

映画『利休にたずねよ』公開!” への2件のコメント

  1. 感想を拝見して映画観たくなりました!一昨日お煎茶デモンストレーションをしたので何と申しますか、お茶の意味みたいなものを忘れていないか自分?と問いかけていたところです。あと美しいもの好きなので豪華俳優陣のお姿みたいな。特に中谷さん美しいし彼女フランス語しゃべれるので、現在フランス語必須でしゃべれないので、色んな意味であこがれています。海老蔵さんも伊勢谷さんもカッコいだろうなぁ。あ、すみませんただのミーハーですね。

    お茶のお道具が本物ですかすごいです。お衣装も美しいだろうし、映画を通して利休の時をみられるのは感動ですね。

    • くみさん、
      お茶の先生であるくみさんがご覧になったらどう思うかな~?と思って観てましたよ!お道具類はかなりいいものでしたよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です