117万部突破大人気シリーズ最新刊登場!!今回は「春夏秋冬」人生は色とりどりですねえ…/『本所おけら長屋(十五)』畠山健二著


編集のお手伝いをさせていただいている畠山健二先生の『本所おけら長屋』シリーズ第15巻、本日発売になりました!

周りでは、待ちかねたよ~と言って下さる方もチラホラ……。今回も、ご期待通り。泣いて笑って、存分に楽しんいただけるすごい作品ですよ!

今回の作品は全部で四話。

「はるざれ」

「なつぜみ」

「あきなす」

「ふゆどり」

……もうおわかりですね??
そうです、春夏秋冬でございますよ!!

これまで作品の中に、畠山先生は「季節感」をあまり入れないようにしておられました。春夏秋冬を入れて描くのは、時代小説としては王道ですよね。江戸時代のお江戸を描くのに季節ごとの行事を入れるのは常套手段。いかもそう言う雰囲気が出ますから……。

『おけら長屋』は「会話の妙」が勝負だと、先生はお考えなので、あえて季節感には頼らない…そんなお考えもおありだったんじゃないかと思います。

しかし今回は、あえてテーマそのものに、「季節」をまとわせてこられました。それこそ「満を持して」の四作品ということだと思いますし、本当に珠玉の、力作ぞろいになっております。

今回の四話はですね…、なんというか…。いつもそうではあるんですけども、いつもに増して何度読んでもグッときます。しみじみ深い、と申しますか……。先生の人生哲学がにじみ出ていると申しますか……。

ぜひ、お手に取ってみてくださいね!!

それから、もう一つお知らせです!!

畠山先生責任編集のムック『東京スッタモンダ』が9/15に刊行されました~~!!

こちらは、畠山先生が長らく『旅行読売』さんで連載されていたコラムを一挙掲載するとともに、『おけら長屋』の副読本として人物紹介や、お散歩マップはじめ、いろんな企画が掲載されていますよ!

鉄斎さんゆかりの黒石藩探訪をはじめ、ミステリーハンター宮地眞理子さんとのはしご酒、三遊亭兼好師匠との対談、狛犬ハンター・ミノシマタカコさんとめぐる狛犬散歩だったり……と、とにかく盛りだくさん!楽しく・面白くを追及された、珠玉の一冊です。

こちらも、ぜひ最新刊と一緒に、お手に取ってみてくださいね~!
私は今回は関わっていないのですが、読者として大変楽しく拝見させていただきました!お勧めです♪

(むとう)

連載『フカボリ山の文化論』第8回目「月山と月神と山の食文化」。出羽三山で気づいた”生きるために絶対必要な才能”とは!?/YAMAP MAGIZINE


旅する時、やっぱり食という要素は大事ですよね。私は取材でもプライベートでも、とにかく地元の方が普通に食べているものが食べたいんです。それが一番おいしいですからね!

「食」はもっとも体験しやすい文化です。その地の食材を使ったお料理を味わうのが、その土地と最も早くアクセスする方法ではないか、と思います。

そんななか、個人的に大好きな山形県、特に出羽三山について書こうとしたときに、やはり食文化について触れないわけにはいられませんでした。

出羽三山には、大好きなので何度か旅しています。宿坊に泊まって羽黒山→月山→湯殿山と歩いたこともありましたし、即身仏にお詣りしながら、山麓をグルグル回ったこともあります。豊かな文化が重層的に存在している、実に濃ゆい場所ですから、様々なテーマで書くことはできたと思いますが、今回はちょっと変化球。あえての食文化にしました。

そして、コロナ禍でのひきこもり生活のなかで、月山の体験を思い起こしながらつくづく思いついたのは、これから必要な才能について、です。

難しいことじゃなくて、シンプルなことがやっぱり大事なんじゃないかって話なんですけどね。人間は「食べる」ことがだいじですよね。でも私は、日々の煩雑さに紛れて、そのことを忘れてるんじゃないのか?気づきました。改めて、その大切なことへの感性を研ぎ澄まさないとあかんな、と思ったのです。

そんなお話を書かせていただきました。ぜひのぞいてみてくださいね~!

***

さて、そして残念ながら、連載は今回で最終回になりました。突然のことで私が一番びっくりしていますが、このご時世ですから、しょうがないのかなと思っています。

あ。

もし、この企画に興味のある媒体の方がおられましたら、お声掛けくださいね~!

(むとう)

連載『フカボリ山の文化論』第7回目「金剛山と動く人々の系譜」。役小角・行基・空海・楠木正成に共通するのは自由で強い魂!/YAMAP MAGIZINE


歴史を見てみると、歴史上に名を残すような天才が、どうしてこんなに集中して登場したの?と驚く時代や場所があることに気付きます。

どうしてなのかわかりませんが、天才が生まれやすい時代や場所というのはあるのかもしれません。革新的な流れが、全体に渦巻いているからなんでしょうか。

さて、そんな時代と場所で、今の日本文化を屋台骨を形成した場所の最も重要な場所が、金剛山地ではないかと、私は思っています。そんな思いもあり、私にとって金剛山地は憧れの地ですし、特別な場所なのです。

そんな思いを込めまして、『フカボリ山の日本論』の第7回目は金剛山について書かせていただきました。

金剛山には、定住する様式を持つ人々ではなく、動く前提で暮らす人々の聖地だったのではないか、と思ってるんですね。

修験道の祖とされる役小角。

日本仏教黎明期の傑僧・行基。

大乗仏教の到達点である密教の伝承者・空海。

日本史上最大の軍事的天才・楠木正成。

………わあああ、いかがですか、この綺羅星のようなラインナップ。

こんなすごいビッグネームが、すべて金剛山で修行してるんですよ。これは偶然ではないと思います。そして彼らには、共通点があると思うのですね。それは、自由を愛する気風、清濁併せのむようなスケールの大きさ、理想を貫く心の強さ。私はそんな共通点を、「金剛山魂」と名付けてしまいました。

そんな思いを込めて、本編の方を書いてみました。今回の金剛山は、大阪府サイドの金剛山、という感じですね。実は、奈良県サイドの金剛山地と、大阪府サイドの金剛山は、全然雰囲気が違うんです。そのあたりももうちょっと書きたかったな~。いずれそのへんのお話も、いずれかで書いてみたいと思います。

金剛山というと、低山ハイクのイメージが強い方もいらっしゃるかもしれませんが、ぜひこんな角度でも楽しんでいただけたらと思います。あの場所の凄さをもっと多くの人に気付いていただけたらなと切に願っております。

(むとう)

連載『フカボリ山の文化論』第6回目「丹沢大山と石の女神と江戸男」。粋で鯔背な江戸男に愛されたのは”石の女神”!?/YAMAP MAGIZINE


ひきこもり生活も2カ月目に入りました。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

フリーならではだと思いますが、私もひきこもり生活を始めて、今日まで1度も電車に乗らず、ひたすら自宅のある街をウォーキングするという日々を送っております。狙ったわけではありませんが、毎日1時間半の運動、3食自炊、8時間睡眠というゴールデンコンボが完遂でき、かつてなく健康です。ものすごーく健康です……。

元気すぎて取材に行きたくて仕方がありません。
今なら結構過酷な取材も耐えられると思います。京都特集でも秘境特集でも、心から喜んで複雑な日程組んで取材に行きますよ。ほんとほんと。

しかし、今はどこにも行けませんよね。ああああ…。

いずれにしても、今は我慢が一番大事。もう少し我慢します。もう少し辛抱してパワーを溜めておいて、外に出ても大丈夫となったら、取材に行きまくります!!

さて、前置きが長くなってしまいましたが、そんな中、「フカボリ山の日本論」の第6回目を公開していただきました!


今回のお山は、「丹沢大山」(神奈川県)。

私は埼玉生まれなのですが、父方の親戚類が箱根から御殿場、伊豆、沼津にかけて分布していたので、大山もたまに連れて行ってもらいました。取材できない今ですので、そんな懐かしいお山を想いだしながら、執筆してみました。

大山と言えば、落語の「大山詣り」が有名ですね。今は落語がお好きな方も多いかなと思って、そんなお話から始めてみましたよ。

大山詣りは、江戸時代に大流行した夏の行事です。「大山講」といってみんなでお金を貯めて(こういうグループを講と言います)揃っていく、年に一度のお楽しみ。しかも大山講は、基本的に男性だけで行くものだったので、当時の浮世絵なんかを見ましても、何だかやたら粋で鯔背で、カッコイイんです!

そんな江戸男のカッコよさと、彼らが愛した大山について考えていたら、やっぱり大山の神さまは女性なんじゃないかなと思えてきまして……。そんな説はどこにも載っていませんが、しかしそんな妄想を熱く語ってしまいました。ぜひ、詳細は本文をご覧ください!
(むとう)

連載『フカボリ山の文化論』第5回目「大江山連峰と鬼と太陽」。鬼伝説のホットスポットは太陽信仰の重要ポイントでもあった!/YAMAP MAGIZINE


記事『【京都大江山 酒呑童子】鬼の伝説を追う山旅』で取材させていただいて、気になって仕方がなかったんですが、この要素まで入れてしまうと、とっ散らかってしまうので、あえて語らずにおいたファクターがありました。

それが、『太陽信仰』です。
大江山周辺はもう、なんていうか……。
めちゃくちゃ太陽信仰の気配が強いんです。

(左下に見える三角の山が、その信仰の中心ではないかと思われる「日室ヶ嶽」)

元伊勢が二箇所もあるのは、当然ながら理由があるんだよなあ、と痛感しました。そこで、連載の方でもそのことについて書かせていただきました!

大江山連峰と鬼と太陽 | フカボリ山の文化論 第5回

大江山には、酒呑童子の物語だけじゃなくて、他に2つも鬼の物語が伝承されています。なぜそれほど鬼の物語が集中しているんでしょう。

私はその理由を、古代の強力な勢力だった「タニハ(丹波)」と「ヤマト(大和)」の長期にわたる熾烈の衝突の残像なのではないか、と思っていますが、このエリアというのは、その「タニハ」における、最も重要な信仰のありようを今に伝えてくれている場所なんじゃないか、と思っています。

今回の原稿では、本当にアウトラインを語るだけで精一杯でしたが、「鬼と太陽」という言葉を使えただけでちょっと満足しました。自己満足ですけども。

そんなわけで、ぜひご覧くださいね~!

(むとう)

『本所おけら長屋(十四)』、歴史・時代小説部門で第1位~~!!


『おけら長屋(十四)』、Amazonさんの歴史時代小説部門で第1位になってます~~!!

良かった良かった♪

外出もままならない今、時間を持て余しておられる方も多いと思います。そんなときこそこちらの『本所おけら長屋』シリーズ!!実は、シリーズものの宿命ではあるのですが、「巻数が進んじゃってるからな。今から追いつくの大変じゃない?」なんてよく言われるんです。

連作短編集で、一話読み切りなので、どの巻から読んでも楽しんでいただけますよ!とその都度にお話してます。それも本当に本当なのですが、とはいえ、シリーズものの醍醐味は連巻ってとこにありますもんね。それは否定できません。

でもだからこそと言うかなんといいますか。

外出を控えなければいけない今、そしてちょっと気持ちが沈みがちな今こそ、シリーズものの沼に、足を踏み入れるべき時ですよ!!中でも本シリーズは全力でお勧めです。

ぜひ、お手に取ってみてくださいね~!

(むとう)

100万部突破大人気シリーズ第14巻、満を持して登場!!/『本所おけら長屋(十四)』畠山健二著


編集のお手伝いをさせていただいている畠山健二先生の『本所おけら長屋』シリーズ第14巻、本日発売になりました!

満を持しての登場ですよ~!

14巻の目玉は、なんといっても、おけら長屋の妹分、お糸ちゃんの出産です。オビにもおなかの大きいお糸ちゃんが登場してますね。

お糸ちゃんは、八五郎さんとお里さんの一人娘。思い人の文七と結ばれて、めでたくお腹に赤ちゃんが宿りました。おけら長屋の面々に、妹のように可愛がられているお糸ちゃんですから、みんなが大騒ぎするのは、目に見えていましたよね。

読者の皆さんからも、お糸ちゃんの出産のお話しを期待する声はたくさんいただいてましたので、まさに待望の一篇かと思います。そして期待通りの大騒ぎ、そして畠山先生ならではの、泣いて笑ってからの、大展開!

ぜひご期待ください!!

それから、お糸ちゃんのお話の他にも、13巻で登場した松吉の優しい義姉・お律さんの江戸でのお話もありますし、さらにはおけらファンに大人気の殿さまこと高宗さんと、これまた「よいよい」で大人気を博した酒癖の悪すぎる錦之介さんが一緒に登場しちゃいますよ~! 喜んでいただけることうけあい。間違いなく素晴らしい一冊になっております。

そして、本日のAmazonさんランキングも、BEST3と、いい感じです!


嬉しいですね~。
皆さんが待ってくださっていただのがよくわかります。

そして、そんな皆さんのご期待に十分に応えるめちゃくちゃ面白い一冊になっていますので、皆さん、安心してお手に取ってくださいね!

(むとう)

 

 

 

 

退治するサイド卑怯過ぎ!?子どもの頃感じた違和感をようやく語る時が来ました!「【京都大江山 酒呑童子】鬼の伝説を追う山旅」/YAMAP MAGIZINE


YAMAP MAGAZINEさんでは、連載「フカボリ山の文化論」と言う連載を月いちで掲載していただいてますが、今回はイレギュラー。京都府様よりスポンサードいただきまして、取材記事を一本書かせていただきました。

テーマは「大江山の酒呑童子」。大好物ですよ、「鬼」ですよ。

それにしてもこのテンションで「PR記事」って斬新すぎませんか。かなり本気で心配しましたよ。ぜんぜんPRっぽくありません。ガチ鬼記事かいちゃいましたね~、ほんと。

「こういうことでいいんですよ!いや、むしろこういうことです!」と言ってくださった担当編集のTさん、そしてこれでOK出してくださった京都府のSさんもほんと寛大。ありがたいとしか言いようがないです。私もTさんの熱意を感じながら書いていたら、面白くなってきちゃって、本意気+全力で書かせていただきました。

【京都大江山 酒呑童子】鬼の伝説を追う山旅

酒呑童子の物語は、皆さんもご存じですよね?
あの話、皆さんどう思います??

私は、子どもの時分、初めて読んだ時に衝撃走りましたよ。正義の味方のはずの人たちが、そりゃないよっていうずるいことをして殺しちゃうでしょ。まったく正々堂々とじゃない。そんなやり方で殺されてしまう酒呑童子が気の毒でならなくて。何だこりゃ、って思ってました。

そんな子どもの頃の違和感を、今回の取材と執筆によって、少し昇華できたかなと思います。さらに、大河ドラマで大人気な明智光秀についてもちょっと書いてます。

そしてどこにも掲載できなかったけど大好きな絵を残念過ぎるので、こちらに掲載。この画は、酒呑童子の子どもの頃の物語を描いた『伊吹童子』からの引用です(国立国会図書館デジタルコレクションより)。酒呑童子は、伊吹山のあたりの出身という説と、越後出身という説があり、そこらへんもまた面白いんですよね。

酒呑童子(伊吹童子)は、この画の左の方にいる色白の男性です。酒呑童子と言うと赤い鬼を想像する人は多いかもしれませんけど、いろんなバリエーションの酒呑童子を読んでみると、酒呑童子は「禿(かぶろ)(おかっぱ頭)で、色白で顔は少し赤みがかっており、背が高くてちょっと太め」って書いてあるんですよね。意外でしょう?

このことについても、いくらでも書けちゃいそうですが、今回はこの辺で。そんなこんなで、いろいろ詰まった今回の記事。皆様、かなり気合入ってます。ぜひぜひ読んでみてくださいね!

最後になりますが、編集を担当してくださったTさん、ガイドしてくださったAさん、取材にご対応いただきました鬼の交流博物館のSさん、各所の皆様。そして京都府のSさんに改めて御礼申し上げます。

(むとう)

連載『フカボリ山の文化論』第4回は「穂高岳と”絶対禁足地”という仮説」です!/YAMAP MAGIZINE


2019年11月から始動した「YAMAP MAGAZINE」さんにて連載中の「フカボリ山の文化論」第4回目が公開されました!

第4回「穂高岳と”絶対禁足地”という仮説」

第3回に続き、今回も穂高岳について書いてみました!


前回の時にもちらりと書きましたが、穂高岳そのものにフォーカスしようと試みてみたら、ちょっとびっくりするくらい歴史的な痕跡を辿れないという事態になってしまいましてですね。

これだけ有名でメジャーな山なのに、そんなことってあんの??!と呆然としました。そこからは、拙いながらの資料アプローチの旅路……。辞書や有名どころの先生方の論文などを目をこすりながら読んでみましたけども、先生方の諸説があるものの、ざっくりかいつまむと「江戸時代以前の穂高岳は史料がないのでよくわからない。自分の仮説ですけども…」って感じでね。

でもよく考えましたら、こんなにすごい先生方でもそうなんです。わからないならここは私も!と開き直って、妄想力全開で、好き勝手なこと言ってみました。

いずれにしても、やっぱり北アルプスはスゴイですわ。いろんな意味でほんとすごいお山。今回は全く触れられませんでしたけど、鬼の伝説とかあって、それがまたすごい面白いんですよね。今度そんなお話も書けたらいいなあ。

ぜひ、お時間のある時にのぞいてみてくださいね!

(むとう)

古代史を読み解くなら『日本書紀』から。関裕二流「古代史の読み解き方」を大公開!/『こんなに面白かった 古代史「謎解き」入門』関裕二著(PHP文庫)


2020年は、『日本書紀』成立1300年の記念イヤーです。

それを記念して、東京国立博物館では「出雲と大和」展が開催されています。会期は3月8日までありますから、まだの方はぜひともいってみてくださいね!ちなみに私は前期に一度行ってきたんですが、いやあ、ほんとすごかった。

特に、前半の出雲からの出展がすごかった。オープニングに現れる「宇豆柱」と「心御柱」は有無を言わせぬ迫力でしたね。両方とも鎌倉時代の遺物で、創建当時のものよりは小規模なのかもしれませんが、しかしあの大きな柱は、古えの壮大な本殿を想像するには、十分な存在感がありました。いずれも初めて見たわけではないのですが、武蔵国であった東京の真ん中で改めて会いまみえると、格別の存在感。その「存在の太さ」に圧倒されちゃいましたね。

そしてなんといっても、この「武蔵」の地で、「出雲」と「大和」が邂逅すると、言うのがまた……。もうね。古代史ファンとしては、たまらんというか、感動的なわけなんですよ。

そんなわけで、特別展にはぜひとも皆さんも、足を運んでみていただけたらと思います。もし、古代史に興味がないという人でも、理屈や知識ではない部分で、ガツンと来るものがあると思うんです。私もできればもう一度見に行きたいと思っています。

さてさて。そんなわけでして、皆さんお馴染み・古代史研究家の関裕二先生のご登場です。やはりこの『日本書紀』記念年に、先生のご本が出ないわけにはいきません!

単行本『古代史は知的冒険』(PHP研究所)に加筆いただき、全体を再編集、改題して、PHP文庫にご登場いただきました!(2月5日発売ですので、もうすでにお手に取ってくださった方もいらっしゃるかもしれません。ご紹介が遅くなって済みませんでした^^;)。

なんだかんだ言って、『日本書紀』は日本初の正史です。関先生は、『日本書記』を定点としてとらえ、そこに描かれているものであれば、その描かれ方にフォーカスし、逆に描かれなかったことは何なのか、なぜ記載されなかったか、と言った視点を絶えず持ちつつ、古代史の謎へと切り込んでいかれます。

そんな関先生流の読み解き方・作法を、惜しみなく公開していく内容なので、「古代史」としては、かなり網羅的な内容になっています。そう言う意味でも、古代史はあまり知らないという人でも、古代史入門書としてお勧めしたい内容になっていると思います。もちろん、古代史好きな方も、楽しんでいただける一冊になっておりますよ。

ぜひお手に取ってみてくださいね!

(むとう)