文献と考古学から読み解く古代史最大のミステリー!『邪馬台国とヤマト建国の謎』関裕二著(PHP文庫)

(写真をクリックするとAmazonにジャンプします)

関先生の新刊をお手伝いさせていただきました~!

今回のお題は、邪馬台国とヤマト建国。古代史ファンにとって、「邪馬台国」も「ヤマト建国」もたまらないテーマですよね。本書はその魅力的なテーマを、関先生ならではの視点で書き下ろしていただきました。

なんといっても「邪馬台国」は、あえて申し上げるのもなんですね。古代史最大のミステリーです。これほど長い間、プロ・アマに関わらず、論じられ続けてきたテーマは、他にないんじゃないでしょうか。

中国の文献に残された「倭」、そしてその中の一国である「邪馬台国」と女王「卑弥呼」。その中で「邪馬台国」とはどこにあったのか、卑弥呼という王はどんな人物だったのかについて、様々な説があり、いまだ決着していません。日本側の文献や墳墓から、文字で記録されたものが残されていたら(出土したら)、ここまで多くの人に論じられ続けることもなかったでしょう。しかし出てこないのですから、結局は確定できません。今も未決着のまま…

いやしかし。

少々無責任な言い方をしてしまいますが、その決定打が出ないというのが、スパイスなのかもしれませんね。やっぱりこちらなのか?いや、しかしこんな遺跡が出ているんだから、そちらなのではないか…と想像したり、誰かと討論するのが、また楽しい。ロマンですね。

これまでにも、様々なご著書で邪馬台国について触れてこられましたが、今現在の先生が「邪馬台国」をどう考えているのかを、改めて知りたい!と言うのが、本企画の出発点でした。

そして、「はじめに」からちょっとだけ引用――

「そこで、新たな仮説を用意しようと思う。それは倭国の女王・卑弥呼は、魏の使者の邪馬台国(邪馬台国はあくまでも”倭国の女王が住むところ”だ)訪問を、嫌っていたのではないか、というものだ。あらゆる手段を講じて、妨害しようとしていたのではないか……。北部九州の邪馬台国は偽物で、本当の「ヤマト」は、畿内にあった。」

――えええ?どういうこと??

そう思った方も多いのではないかと思いますが、ぜひお手に取ってみてください。いろいろな意見があって当然の「邪馬台国論」ですが、本書を読んでいただくと、先生の”新邪馬台国論”に頷いてしまうのと同時に、「ヤマト建国」についても、新しいイメージが湧き上がってくるのではないかと思います。つくづくこの二つのテーマは、不可分なのですね。ぜひ本書を参考に、自分の中の「邪馬台国」像を、バージョンアップしてみてください!

(むとう)

大人気シリーズ最新刊発売。おけらブシ炸裂!笑いも涙もやっぱり滲みる…/『本所おけら長屋(十七)』畠山健二著(PHP文芸文庫)

(画像をクリックするとAmazonにジャンプします。)

ご報告が少々遅くなってしまいましたが、9/22に大人気シリーズ『本所おけら長屋』第17巻が発売されました~!

重ねに重ねて、ついに17巻……。実は、「もうネタないよ、もう書けない!」と毎巻おっしゃっておられますが、結局書いてくださるものが最高に面白いので、先生の「書けない!」は、まったく本気にしておりません(笑)。今回も最高に面白い一冊となっておりますよ~!

しかも、早くも重版決定です!!すごいとしか言いようがありません。
そして、お手に取ってくださるファンの皆様には、改めまして、御礼申し上げます!!

前巻は、連続殺人事件が起こったりして、ちょっとシビアなシーンも多かったのですが、今回はどちらかというと原点回帰といえましょうか。畠山先生にしか書けない人情に溢れた世話物が揃いました。「泣いて、笑って」を存分にお楽しみいただける4話になっています。

働き者のシングルマザーと駄目な息子、そして生き別れの母を探す若者が織りなす「かえだま」、
鉄斎さんが大店の女将に婿入り?まさか!…な「はんぶん」、
おけら長屋御用達の居酒屋「三祐」店主の家で息子と常陸出身の若者が「笑芸」の道を切り開く?「げんぺい」、
久蔵・お梅夫婦の愛息子・亀吉が友達にけがをさせてしまい…?!「みなのこ」。

16巻のように大きな事件が起こるということはありませんが、日常に起こるさざ波のような出来事が、おけら長屋の面々によって、大笑いにも号泣にもつながっていくんです。おけらファンの皆さんは、きっとこういうグルーブがお好きだと思いますし、「待ってました!」とおっしゃる方も多いのではないかと思います。

先生が掬い取って見せてくださる、誰かを心配したり、思いやったりする、そんなことが一つ一つ、心に染み入ります。ぜひお手に取ってくださいまし!

なかなか以前のように、自由に友達とあったり、大声で笑い合ったりするのが難しいですが、どうか『おけら長屋』を手に取っていただいて、おけらの面々と一緒に一喜一憂していただけたらと思います。

(むとう)

縄文遺跡と神社が重なっている場所:縄文神社の入門書/『縄文神社~首都圏篇~』武藤郁子著(飛鳥新社)

書籍の編集者としてお仕事を初めてはや20年以上‥‥。そんなことからして「編集者である」という自己認識が強い私ですが、6年ほど前から執筆のお仕事もやらせていただくようになりました。

2019年には兄貴分の神仏探偵・本田不二雄氏のお導きで『今を生きるための密教』を共著で刊行させていただくことができ、そしてこのたび、自分の単独著書を出版することができました!!

クリックするとAmazonにジャンプします

ちゃんと上梓できてとてもうれしいのですが、同時に、これまで以上に責任も感じています。本書を出せたことはスタートです。本書に書いたことについて、これからもっと心を込めて掘り下げるべく、しっかりと取り組んでいきたいと思っています。

ところで、この《縄文神社》。聞いたことないけど、いったい何なの?と、怪訝に思われた人も多いだろうと思います。それもそのはず。この《縄文神社》は、私が勝手に呼び始めた言葉で、「縄文遺跡と、神社が重なっている場所」を指します。

縄文時代は、1万6千年前くらいからいたい1万3千年ほど続いた時代です。それほど昔の時代にも、人々が祈りを捧げていた場所がありました。そして同じ場所に、今も祈りの場所である「神社」がある場合がある、と気づいたんです。それほど長く、祈りの場所であり続けている場所というのは、世界的に見てもとても珍しい、貴重なことだと思い、そんな神社を敬意を込めて《縄文神社》と呼ぶことにしたんです。

縄文文化や歴史、神社を愛する人、関心がある方は、たくさんいらっしゃると思います。そんな皆さんには「縄文神社」という視点で、改めて大好きな縄文と、神社を体験してほしいと思っています。そして同時に、普段はあまり歴史や神社に関心がない、という方にも、本書を手に取っていただき、神社や縄文、ひいては日本の歴史や文化に、興味を持っていただけたらと願っています。

本書について、また《縄文神社》というコンセプトについては、3月からスタートした新サイト「縄文神社.jp」の方で詳しくご紹介しておりますので、そちらの方もぜひのぞいてみてくださいね~!!

(むとう)