『へんな仏像』という本がすごい!


最近チェックしていなかったので、資料を探す意味も含めていろいろ本を探したりして見てたら、さすが学研さん!という本を発見しました。

江戸時代あたりの、割と新しい時代のものが多いのですが、お?というものもちゃんと掲載してますし、私自身初めて知る珍品も多数登場!
千葉県にあるという「覆面観音」という仏像なんて初耳でした。「覆面」ですよ。マジでわけわからんですよね。すごい!

いやあ、これは労作です。大変ですよお。こういう本作るの^^;;。

構成もこっています。

目次↓
第一章 忘れがたき神仏像
第二章 怪仏観音
第三章 あらわれた異形の神々
第四章 聖者たちの異貌
第五章 鬼女・聖女礼賛
第六章 ダイコク変化
第七章 変容する地蔵尊
第八章 異相の阿弥陀
第九章 天王の偉容
第十章 黄昏の性神たち

単純に言ってしまえば、ほとんどが神仏習合の、神であり仏である…といった境界型の仏像がほとんどです。民間信仰で大切にされてきた身近な仏像、といったかんじ。
やりすぎ感も洗練されない感も、民間ならではです。素晴らしい想像力、いや、妄想力!

ちょっと残念なのは、カバーデザインですね~~。
このお像を表1に持ってきちゃうと、いかにも学研、って感じですけど、かなりちゃんとした仏像の本だということが伝わりにくい。一見、天狗の本?なんて思っちゃうと思う。惜しいなあ。

こんなことを言いたくなってしまうのも、内容が大変な労作だからです。
しかもこれだけ頑張って、お値段571円(税別)!!!しかもオールカラー!!!
ううむ。これはすごい。本当にすごい…

なんだか少々ずれたところで感心してしまってますが、内容はとてもいいのです。仏像好きな方にはお勧めです。「こんなお像あったの?」という驚きが必ず味わえますよ!

カテゴリー: 仏旅ニュース   作成者: muto パーマリンク

muto の紹介

ありをりある.com編集長。アウトドア系出版社を経て、ありをる企画制作所を設立。編集者・ライターとして活動中。気になる分野は歴史・伝統文化・仏教・いろんな国のいろんな考え方など。好きな食べ物はあんことなす。趣味は三線弾きと剣道。

『へんな仏像』という本がすごい!” への6件のコメント

    • 植松さん
      植松さんはお好きなはず!ぜひお手に取ってみてください^^。過剰なデザインの仏像がたくさん登場しますよ♪

  1. はじめまして。筆者です(笑)。
    ご紹介およびご吹聴賜り、誠に感謝至極に存じます。
    同行、いや同業の方にお褒め頂くと大変心強く思います。
    できたら、お仕事ご一緒したいぐらいです。
    いやいっそ、具体的に企画のご相談をいたしたいぐらいです。
    というのも、もとは編集者なので、自著の企画を立てるのはなぜか面はゆく、客観的にはどうなのよ的に判断しづらい部分がありますし。
    ……何かはじめてメール申しあげる方に世迷い言を述べているようで、恐縮至極です。
    そうでした。御礼を申しあげたかったのでした。
    どうもありがとうございます。

  2. ほんださま

    な、な、なんと!ご著者ご本人からのコメント頂戴するとは…!!
    ありがとうございます~~!はじめまして、ムトウと申します~!
    生意気なご紹介にもかかわらず、温かいお声掛けありがとうございます。

    こちらこそ、ぜひお仕事ご一緒させていただきたいです!
    なにぶん広く浅くなもので、全般にわたり不勉強ですが
    好奇心だけは衰えず満載しております。
    これを機会にいろいろ教えてくださいまし!!

    • 早速のご返事ありがとうございます。
      いや、ちょっと今構想していることが頭にあったために、へんなことを申しました。
      ついでに申しあげますが、「大江戸神仏フィーバー・実話噂の真相都市伝説検証途中下車の旅」みたいなことを考えておりまして、東京に今も残る寺社や故地を訪ね、流行神や霊験譚、江戸の都市伝説みたいなものを、「かたち」として残っているものを手がかりにしてずんずん探っていくというものです(イメージ湧きますか?)。
      つまり、文献をもとに歴史民俗学的に「こんなことがありました」と述べるのではなく、「こんなものが残っているの?」「これ何?」からはじまる、大江戸の謎・探求の旅といったらいいでしょうか。
      例としては、於岩さんや於竹大日あり、噂の◎◎稲荷あり、特定の閻魔や奪衣婆の伝説といった『へんな仏像』でも触れた流行神的なネタを〃神仏探偵〃みたいなノリで全面展開するというものです。
      ご興味ありますか? もし面白いと思われたら、ダメモトでお話してみませんか? 怠惰な私は、人に話すことでその気になったり、頭が整理されるのではと期待しているまでなので、気軽に応じて頂けたらそれで結構です。
      付き合ってあげてもいいかなと思われれば、ぜひメールを頂けたら幸いです。

      • ほんださま
        面白そうですね~~!!
        「大江戸神仏フィーバー・実話噂の真相都市伝説検証途中下車の旅」
        すごいタイトル!!そのままTV特番になってしまいそうな!

        本サイトでは「文化系アウトドア」を標榜しておりますが、
        私自身、実際に現物・本物を観に行く、ということが好きだからなのです。
        ですので、「神仏探偵」、ぐっときます!!ぜひ、お話お聞かせください。
        後ほど改めましてメールをお送りさせていただきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です