2017年は「慶派イヤー」!⑤『快慶』展はまるで「金色の坩堝」


「金色の坩堝」のような空間
さて、『快慶』展はもう4日に終わってしまったのですけれども(汗)、『快慶』展と、拝見してとても印象深かったお像について、ちょっとレポートしておきたいと思います。

会場の印象を一言で言うと、「金色(こんじき)の坩堝(るつぼ)」。
もちろん金色の仏像だけではないのですけど、印象として何だかもう、「金色」なのです。
「金色」は仏の肌の色。仏像の肌を金色にするのは、経典にある通りのことで、とても正しいわけですね。

日本人の好みからしますと、全身がキンキラキンだと、なんだかちょっとあれですよね。成金のような、古くても新品に見えてしまうような、そんな感じがして、ついつい木肌の渋みを見てホッとしてしまいます。

しかし、例えばテラワーダ仏教の地、東南アジアに行きますと、むしろキンキラキンが正しい。タイの信徒は喜捨して金箔を買い求め、お像にペタペタ貼ってお祈りをします。そして、ミャンマーなんかですと、由緒ある仏像の光背が電飾でギラギラだったりします。光背は光り輝くものですから、金色をさらに一歩進めて、電気の表現を導入してしまっているわけです。信仰としては、な、なるほど…と思います。でも、日本人の自分からすると夜の町の電飾のように見えてしまうのですけど……。

閑話休題。

ちょっと話がずれてしまいましたが、『快慶』展の「金色」は、そのような金色とはちょっと違った印象でした。日本風の金色といったらいいんでしょうか。日本人にとって心落ち着く金色、という感じ。快慶が彫り出す仏像の、優しく落着いた様子が、全体に静かな重みを創出しているのかもしれません。

このチラシの表現、そのままの印象でした。
それにしてもこのチラシのデザインは何度見てもすてきですね!

考えれば考えるほど、鼻血モノの出展仏像の数々

それにしても、すごいラインナップでした。今図録を見返してみても、「このお像の公開ひとつで、ものすごい人が集まるわ!」というお像が、これでもかと大集結しています。こんなことはもうあと20年はないんじゃないでしょうか。できれば、もう一度見ておきたかった…。

その中でも、独断と偏見で、個人的に印象深かったお像をピックアップしてみますと…

■醍醐寺(京都)
弥勒菩薩座像……三宝院本尊。今回初めて拝観。いやもう、本当に傑作でした!運慶の力強さに対して、快慶は優しい印象がありますが、快慶にももちろん「力強い」表現がある。それはこういうふうになるんですよね、と何度もうなずきました。

不動明王像……初見。こちら、実は今回最も印象が強かったかもしれません。こんなに力強く美しい不動明王はないんじゃないかってくらい!

■金剛峯寺(和歌山)
孔雀明王坐像深砂大将像
……恥ずかしながら、金剛峯寺に行ったことがないのです。なので、こちらのお像もすべて初見。素晴らしかった!特に深砂大将像にぐっときました。

■清水寺(京都)
千手観音菩薩坐像
……奥院本尊の秘仏!!新潟の出開帳、わざわざ観に行きましたよ~~!(涙)まさか再びお会いできるとは。

■耕三寺(広島)、造像当時は伊豆山神社(静岡)
阿弥陀如来坐像
……あんまりにも優しい雰囲気に、思わずうっとりしてしまいました。髻を高く結い上げたいわゆる宝冠阿弥陀像。天台宗ならではの像容ですね。

■遣迎院(京都)
阿弥陀如来立像
……チラシにも掲載されているお像。これぞ、快慶!ですよね!?ひっそりと穏やかなのに、ものすごい存在感。完璧に整ってるのに、なぜか近しい。
像内からは、12000名もの人たちが勧進をし、結縁したことが分かる結縁交名が発見されたとのこと。

掲載写真なしで、わかりづらくてすみません!
勝手ながら、一般的にお像の写真を公開されているお寺さんのリンク先を付させていただきました。小さな写真だったりしてわかりにくいかもしれませんが、なんとなくはお分かりいただけると思います。

また余計なことを申し上げますが、写真と実際のお像はかなり印象が違いますので、ぜひ、本物に会いに行かれることをお勧めします!

* * * * * * * *

それにしましても、秋の『運慶』展が楽しみでなりません。今回の『快慶』展で感じたことを、より鮮明に感じられるのではないか、と思っています。快慶が目指したもの、運慶が目指したもの。それらを体感できる絶好の機会です。

それから、『快慶』展で得た教訓としましては、『運慶』展は一度ではなく何度か足を運ぼう、ということですね。私も少なくとも二回は観に行きたいと思います。

そしてさらに。

『運慶』展をより楽しむために、清泉女子大学の山本勉先生の一日講座が開催されます。そちらで予習をしていくと万全ですね!
7月の開催ですが、まだ予約間に合うかもしれません。ぜひチェックしてみてくださいね!

「運慶と快慶 東京・奈良の国立博物館特別展にちなんで
特別展 運慶を鑑賞するために」山本勉先生
日時:2017年7月8日(土) 13:30~15:40(要予約)
http://www.seisen-u.ac.jp/rafaela/lecture/oneday.php

2017年は「慶派イヤー」!⑤『快慶』展はまるで「金色の坩堝」” への4件のコメント

  1. 快慶の金色。今度の図録の原稿ではふれる余裕がなかったのですが、以前に「運慶・快慶と仏像の金泥塗り」(清水眞澄編『美術史論叢 造形と文化』所収、雄山閣出版)、「仏像の金泥塗りの意義」(『研究発表と座談会 仏教美術の身体観と身体表現』所収、仏教美術研究上野記念財団)という論文を書いたことがあります。機会あらばご参照ください。

    • 山本先生、
      コメントありがとうございます!
      ご無沙汰して失礼しておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
      論文、お教えいただきましてありがとうございます。拝読いたします!
      図録掲載の先生の論文も拝読いたしましたが、いつもながらまた新しく学ばせていただきました。展覧会でも、第七章エリアの安阿弥様の三形式の比較パネルは、大人気だったです!私もそうですが、引き返してもう一度襟を見直したりして…。みんなとても楽しそうでした!

  2. うん、出色のポスターだと思う。展示を観なかった者も、せめてこのポスターをじっと観よ的な。この像を堂内の暗がりで実際に目の当たりにしたら、慄然とさせられ、呪縛されたような状態に陥るんじゃないかと思う。射抜かれるような感覚というか。
    単純に考えれば、そのニュアンスは仏をじっさいに目の当たりにして呪縛された者にしか表現できないサムシングではないかと改めて思う。優しいと怖いとか、人間的な想像力が及びつかない何ものかを表現し得ている像容だと思うね(ポスターで[笑])。

    • 確かに!このお像を堂内の暗がりで見たら、ひゃあっとなって思わずひれ伏してしまうかもしれません。

      >サムシング
      ですです!実際に見たのかもしれませんね!
      そして、快慶にはなんかこう、呪的な香りを感じてしまいます。
      それにはやはり、彼の出生がいかなるものであったか、
      その中でどんな体験をしたのか、そんなことが大きく関わっているように感じました。
      なんとなく、京都の貴族階級周辺(仕えている階層含む)の出身だったんじゃないかな、なんて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です