決然と生きられない自分。しかし「幸せ」は、その迷いの中にこそあるのかもしれない/『迷いながら生きていく』五木寛之著(PHP研究所)


「迷い」はあっていい

ご紹介が遅くなってしまいましたが、五木寛之先生の新刊『迷いながら生きていく』が出版されました!

私ごとではありますが、悩むことがあり、自信を失って途方に暮れた思いにとらわれていました。まるで人生の迷子になったような気分。まさに迷いの最中に在ったのです。こんなふうに立ち止まる自分も嫌でしたし、モヤモヤして落着かない日々を過ごしていましたが、ある日、校正紙を拝読していて、

「私は今日も迷いながら生きています。私も皆さんと同じ。すべてが初めてのことで、わからないことだらけなのです」

という一節にくぎ付けになりました。何度も目にしてきたはずなのに、この飾らない優しい言葉が、まるで立ち上がってくるように、胸を打ちました。

……先生ほどの凄い人でも、迷ったりするし、分からないことがあるんですよ!!

見知らぬ地を旅するように「新しい世界」を生きる

何を当然のことを…とおっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんが、私は目から鱗が落ちたような気がしました。

私たちは、生きている限り、ずっとこういう心境を繰り返していくんですよね。それが人間ってものなんだと。そしてそんな迷いの最中にいる自分を、もっと認めていいんだと、思えたのです。

先生は「見知らぬ土地を旅するように生きたらいい」とおっしゃいます。「わからない」ということは、不安感を招くかもしれませんが、一方で「新しいことに出会えるワクワク感」も招きます。旅はまさにそんな経験の連続ですよね。

私は「わからない」のマイナス面ばかり見て、落ち込んでいたのでした。しかし、先生のお言葉で、はっと我に返ったのでした。

いやあ、またしても先生に救っていただきました。こんな気持ちになるのは、きっと私だけではないでしょう。今回の一冊にもそんな言葉が随所に在ります!!皆さんにも、ぜひ、お手に取っていただけたらと思います。

 

オロオロして弱々しいですが、よく考えたら、私は幸運!?

それにしても、ここ数カ月の私は、相当にオロオロしておりました。そして自分の弱さを嘆いたりしていたのですが、でもよく考えたら、私ったらけっこう幸せなんじゃないの?と、ふと思いつきました。

と言うか、むしろ、かなり運を持ってます。幸運者と言っていい気がします。

そうでもなければ、一介のフリー編集が、伝説的な作家である五木寛之先生とこんなにも長くお仕事できません!!

五木先生のご本をお手伝いさせていただいて、今回でなんと7冊目。書下ろし単行本としては、5冊目になりました。先生とお会いできるというだけでもラッキーですのに、こんなにお仕事ご一緒させていただくことになろうとは……。

そう考えると、じーんとあたたかい気持ちでいっぱいになります。

改めて、いつも優しく微笑んでくださる五木寛之先生、そして困難も楽しいことに変えてくださるN編集長に、心から御礼申し上げます。次のご本も、ぜひよろしくお願い申し上げます!

(むとう)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です