「百年生きる」と考えた時、現れ出るのは不安と希望。ついに到来した人類未踏の時代を生き抜く新シリーズ登場!/『人生百年時代の「こころ」と「体」の整え方』五木寛之著(PHP研究所)


「こころ」三部作に続き、新シリーズスタート!

五木先生のご本をお手伝いさせていただいて、今回でなんと6冊目!
思いがけずご一緒させていただくようになって、もう5年ほどになりますでしょうか。先生とお会いできるというだけでもラッキーですのに、こんなにお仕事ご一緒させていただくことになろうとは……。本当にラッキーとしか言いようがありません!

この前の三作は「こころ」シリーズとして、三冊立て続けに刊行していただきましたが、おかげさまで、先生の思いは読者の皆さんに受け入れていただけたと思います。たいへんご好評いただきました。

前作までは三部作、と最初から考えておりましたので、一区切り、という感じだったのですが、ありがたいことに、今回のご本から、新しいシリーズをスタートさせていただくことができました!!
写真ではちょっとわかりにくいかもしれませんが、判型は一回り大きくなって、少しやわらかいハードカバーになっています。

「人生百年時代」――宗教者も哲学者も想定していなかった未曾有の時代到来!

皆さんもご存じのように、このところ、「人生百年」という言葉が、表現というだけでなく、現実として、立ち現れてきています。

「長寿の時代、素晴らしい!」と思うのが半分、「そんなに長く生きるなんて不安だ」と思うのが半分といったところでしょうか。いや、ひょっとしたら、「不安だ」という思いの方が、半分以上、7・8割なのかもしれません。

でも、それも仕方のないことですよね。なにしろ、「人類史上初めての事態」に私たちは直面しているんですから…。

「今までの宗教や哲学も、100年生きるという想定では、作られていない。そうなると、新しい世界観、考え、そういったものが必要になってくるのかもしれないね」

五木先生は、そんなふうにいつも話してくださるんですが、いやもう、さすが先生。鋭いご指摘!

例えば、世界三大宗教で見ても、伝えられるところでは、ブッダは享年80ですし、ムハンマドは享年62、イエスは享年35・6です。

日本国内に目を移せば、おそらく宗教者の中でも、最も長く生きたのは親鸞さんでしょうか。平均寿命が50にも満たない鎌倉時代において数えで90歳ですよ。驚異的な長寿ですけど、それでも90歳です。

そう考えますと、親鸞さんも見たことがない領域に、ほとんどの人が到達してしまう、そんな時代ということですよ。やっぱり、嬉しいというよりは、不安です。

今日一日を生き切ること。その積み重なりが人生であること

もちろんこれまでも、100歳を超えて生きる人はいました。
でもそれは、めったにないことでしたから、おめでたいことでしたし、そう言う意味では、《長寿者》に対する接し方、あるいは《長寿者》として生きる振る舞い方の「フォーマット」のようなものはあったわけです。

しかしそれは、100歳生きるという人が珍しいから可能なのであって、それが当たり前となった場合、そのフォーマットは有効ではなくなるのではないか、……先生は以前からそんなことも言っておられたのですが、今回のご本を製作するにあたり、そのあたりのお話をじっくりお伺いする中で、先生がお感じになっている危機感というものが、ジワジワと迫ってくるような気がしました。

私は40代半ばですが、「これは本当にちゃんと考えていかないとまずい問題だ」と実感しました。本当にそういう時代に、自分が生きているということを、ようやく自覚したのです。

そうなってくると、不安が先に立ちます。
どうしよう、どうしたらいいんだろう、と。

しかし、そこで先生は穏やかにおっしゃいます。

「変化し続ける『生』を生きるということだよね。今日一日を生き切る。その積み重なりが人生になる。 そういうことが、ますます大切になってきたんじゃないかと思うよ」

先生がずっとおっしゃってきたことです。
確かにそうかもしれません。人生の長さ、短さは「結果」なんですよね。

「それから、半分くらいの段階で、例えば50歳、60歳でもう50年、40年をどう生きるか、考える時を持った方がいい。『余生』というような長さじゃないでしょう。昔の人の寿命を考えたら、もう一度生きるようなものだよね。その点が、これまでの人類とは決定的に違う点だと思う」

な、なるほど…。

「こころと体、両方だよね。どんなに健康な人でも、どこかしら不具合が出るだろうけど、それでも、工夫して整えて生きていく。病気になっても、『治ったその先』があるんだから。お医者さんに頼るだけじゃなく、自分で自分の整え方を工夫しないとね」

そんなお話から、本書の企画は立ち上がりました。

あまり頭でっかちになるよりも、まずは、一日を生き切るということが大切、という先生のお考えを基本として、先生が「実際やってきたこと」、「今実践していること」を中心に、先生お勧めの「こころと体のコンディションを整えるための工夫」をたくさん掲載しています。

目標は「どんな時も自分らしく生きられるように」でしょうか。
ぜひ、お手に取ってみてください!

最後になりますが、五木先生、そしていつも共に歩んでくださるN編集長様、今回もありがとうございました!
引き続きよろしくお願い申し上げます!

(むとう)

松下幸之助氏が「美しい経済人」と呼んだ経営者、大原總一郎氏の鮮烈な生きざま!『天あり、命(めい)あり』/江上剛著


倉敷へ行きますと、素晴らしい街並みと共に大原美術館の素晴らしさに驚きます。

と、言いましても私が倉敷を訪ねたのはもう、10年以上前の話ですが、正直言ってあれだけの美術館があの場所にあることに、さらに私立であることに本当に驚きました。

そして、大原美術館を設立した「大原孫三郎」という人物が、あの「クラレ」(の前身・倉敷絹織)創業者である、それくらいのことは初歩情報として知っていましたが、そのあとを継いだ人物「大原總一郎」が、あの過酷な戦中・戦後を乗り切った、まさに「魂の」経営者であることを知ったのは、本書の編集をお手伝いさせていただいたことがきっかけでした。

20160529

私は本書を拝読して、

「ああ、こんな理想を語る経営者の会社なら、ぜひとも働いてみたい」
そう思いました。とにかく、「志」が高い方なのです。

私は以前から、経営者に必要なのは「志」なんじゃないか、と僭越ながら思っております。自分がサラリーマンだったときもいつもそう思っていました。
経営者じゃなくても、上に立つ人、と言ってもいいかもしれません。上に立つ人が志を持てば、各分野のスキルのある人物がそれを支えることもできます。そこさえブレなければ、困難できつい道もどうにか突き進むことができる。そう思うのです。

理想主義者だと、きれいごとと言われてしまうかもしれないけど、どうかやらせてほしい、ついてきてほしい、そういうことを部下にいいながら、誰よりも働き、実現させました。……そして、あっという間に天国へ行ってしまった。

松下幸之助さんが「美しい経済人」と呼んだことの意味が、とてもよくわかります。

そして、なんといっても江上先生。先生の誠実で温かい筆致は、まるで本当に大原總一郎氏がそこで語っているように感じられます。

本書は「経済人ノンフィクションノベル」ですので、経営に興味のある方はもちろんですが、経済に興味がない人もぜひ読んでみてください。

58年の人生を生き切った、一人の「美しい人」の人生を知ることで、何か心にあつい勇気が生まれてくるのではないか、と思います。

(むとう)

『ひこばえに咲く』/玉岡かおる著


中面の編集をお手伝いさせていただきました、玉岡かおる先生の書下ろし小説『ひこばえに咲く』が7日に刊行されました!

私にとって玉岡先生といえば、『天涯の船』を拝読したのが初めてで、その壮大な物語世界に衝撃を受け、すぐさまさかのぼって何冊か拝読しました。そしてその後出版された『お家さん』でどっひゃ~となり、こういうの大〇ドラマでやってくれないかな、なんて勝手なことをつぶやいたりしておりました。

ようするに単なる1ファンです。

特に玉岡先生が描き出される、女性の、たよやかにも凛々しくて、弱くも強く、悲しくて美しい女性たちの姿は、もお、なんと言いましょうか、「香気」漂うあれでございますよ。男性もいいんですよねえ。ほんと色っぽくてねえ。そしてしっかりとした時代背景の書き込み。歴史好きにとっても勉強になりますし、しっかりとした地面があるので、自由に人間模様を堪能できる、そんな感じです。そんな玉岡先生のお作一連は『歴史恋愛大河小説』と私の中では勝手に読んでおります。

何事も、世の中に関係のないことはないのかもしれません。そんな私に、P社のO編集長から、なんと「玉岡先生の書き下ろし小説を手伝って~」とのお声がけが。

ハイ!!喜んで!!!

と即答。
あああ、ほんと。生きてるといいことってあるもんですねえ。
ひこばえに咲く
さて、今回の舞台は、太平洋戦争前後から現代の東京と津軽です。

絵を売ることなく自宅の納屋に150点もの絵画を仕舞い込んでいた90歳の画家と、画家を「オヤブン」と呼び慕う75歳の女流画家。

有能な画商だった父が急に廃業すると言い出して途方に暮れる40代後半の女性・アユコと、フランス在住の恋人トシノリ。

そのアユコが、ふとしたことで画家の画集を見たことで物語は動き出します。東京とパリ、東京と津軽、戦前戦後、そして今……。

まるで年齢も性別も背景も、共通点のないように思える4人ですが、見る見るうちに紡がれて、混然となり……

「男と女」とは。「芸術」とは。「人間が生きる」とは。そんなことが見事に浮き上がってきます。

私も、ついつい仕事を忘れて読みしれてしまいました。印象的なシーンはたくさんありますが、私にとってガツンとくらったシーンの一つ…

主人公アユコが、津軽にある画家のアトリエまで訪ねていった場面。

念願の絵を生で見て衝撃を受け、また同時に、その素晴らしい絵が、納屋にまるで建具でもしまい込むようにしまわれていることに衝撃を受けたアユコが、画家に投げかけた質問に対して、答えた老画家の言葉、

「書くためだけの絵もあるんでねが」

お、

おおおおお!……そうか、そうですよね!?
(思い切り玉岡先生の文章にのまれて単なる読者になってしまってますけど…^^;)

じつは、この物語には実在のモデルがいるんです。その人の生き方は、まさにこのセリフに象徴される、見事な生き様だったのではないか、と思います。

こんなに見事な人がいたんだ、と改めて感動してしまいますし、それが小説として描かれたことで、血肉をもって迫ってくるような気がします。

なにがしかものを作ったりしてますと、それが誰かに評価されたり、または商売にならないと「ダメ」なんじゃないかと思ってしまいますが、そういう軸じゃない軸だってあるんですよね。

もちろん、「恋愛」も大きなテーマになっています。最終章で、大どんでん返しの新事実が現れ、物語は収束します。きれいごとじゃない「生きる」ということ。それがドドンと胸に迫ってきます。

O編集長が帯にうたわれた文言、「人は、いつでも生き直せる」。
この言葉にピンときた方、ぜひ手に取ってみてください。タイトルの「ひこばえ」は「樹木の切り株や根本から生えてくる若芽」という意味です。本書を読むと、自分にもそんな「ひこばえ」の萌芽は準備されているんじゃないかな、と思えてきます。

(むとう)