file.50 おかめの「蔵王あんみつ」


いちにちいちあんこ

記念すべき50回目!!

毎日食べ続けてるのにもかかわらず、なかなかそうはアップできないもんですねえ。 基本的に、重複してるものは避けてたり、コンビニあんぱんも相当食べてますけど、これも、まいっか、と掲載していません。いろいろ食べた中で、けっきょく印象の強いものをピックアップしてるという感じです。

さてさて。そんなわけで、50回目は、有楽町の交通会館B1階の甘味どころ「おかめ」の蔵王あんみつです!

こちらは、以前からYさんに、「美味しいよ~!」とお話は伺っていたものの、なかなか行けておりませんでしたが、何気に支店の麹町店にはすでに何回か行ってこの名物・蔵王あんみつをいただいていたのでした…(しかしアップしていなかった…^^;)

蔵王あんみつ

ともかくも、これがその噂の「蔵王あんみつ」です!ちょっと想像していたのと違いますでしょう?!

まず、あんこが小豆のあんこではないのです!

蔵王あんみつ

なんと、金時豆のあんこです。これがまた美味しいのなんのって!

金時豆のあんこが入ってると、皆さん、思い出しますよね? そうです、沖縄のぜんざいです。 沖縄のぜんざいは、金時豆の甘く炊いたのがたっぷり入っていますよね。こちらは、もう少しじっくり煮込んで、より「あんこ」に近づけた感じです。とろっとしていて、たまりません。

小豆のあんこより、ほわっとした感じですね。小豆は低音を重めに出してるような感じ、とすれば、金時豆のあんこは中音部をけっこう強く感じるように出してる、みたいな感じです。あ、なんかわかりにくいかな、このたとえ^^;。

ちなみに、ちょっと調べてみましたら、大きな豆を使って作ったあんこを「蔵王」というらしい、という説を発見。小豆のあんこを「小倉」と呼びますが、これも小倉山という地名から来た名前なので、そういう流れでの呼び方なんでしょうか。

蔵王あんみつ

そして、その上にソフトクリームです。このソフトクリームが、コクがあっておいしい。さらにこの上から蜜をタラリと掛けていただきます。下に入っている寒天と相まって、素晴らしい調和を見せてくれます。

一見重たそうに見えるかもしれませんが、もう一気にペロリですよ。

本当に美味しい変わりあんみつです。あの界隈に行ったら、寄らずにはいられないお店がまた一つ増えました♪

おかめ
http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13011479/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です