file.11 寛永堂目白本店「花千歳」


いちにちいちあんこ今日は、仕事で久しぶりに目白駅に降り立ちました。
目白、といえば「志むら」。「九十九餅」ですよね!!

柔らかい求肥の中に甘く炊いた虎豆が練りこんである、あの超有名な九十九餅!
最近では、喫茶のカキ氷も大評判みたいですね。今日はさすがに並んでなかったですが、結構行列ができるみたいです。

私も、打ち合わせが終わってから、ふらふらと吸い寄せられるように志むらの前に立ちすくみました。よく見ると昔はなかった、イチゴのコンフィチュールみたいなイチゴシロップが大量に掛けられたかき氷が!!めちゃくちゃ美味しそうです。

でも、そこではた、と気づきました。いちにちいちあんこにならないじゃん、と。

よく考えたら、九十九餅もあんこ、ではないですよねえ。いや、虎豆はあんこ間近、ほぼあんこ!ともいえるか…などと考えながらふらふら駅のほうに戻ってみると…。あれ?何やら新しい和菓子屋さんがあるじゃないですか!

ううむ。

昔から愛してやまない志むらではありますが、一番食べたいものがあんこど真ん中じゃないし、ちょっと今日は浮気してみましょう。もうちょっと暑くなったらかき氷を食べに来てもよいし。

そんなこんなで、初めての和菓子屋さん、「寛永堂」に入店。
こちらは黒豆を使った和菓子が売りみたいですね。今風のデザインのパッケージのお菓子もいろいろありますし、サービスもとても行き届いています。

私は、悩みに悩みましたが、最もスタンダードな最中を選びました。
花千歳花千歳、という上品な最中です。
こういう最中って、一番和菓子屋さんの底力が出てしまいますよね。私が初めてのお店でもなかを買うのは、そんな理由です。
花千歳かわいいですよね~~!
梅の花を移した軽い皮。いかにも日本の美というかんじです。
花千歳あんこはこんな感じ。
甘さはかなりきっぱりとしてます。結構強めの甘さです。
ですので、大きさは小さいのですが、これ一個でかなりのパンチ力。

皮は、ちょっと残念ですが、少々湿気気味。あんこを包んでいるからしょうがないですけど、もうちょっとパリッとしてるか、ふわっとしてると嬉しかったな~。
やはりこちらで買うなら、黒豆羊羹とかがいいのかもしれません。お店の一押しって感じでしたし^^;。

でも、もちろん普通に美味しくいただきました!
こちらは、甘味どころも併設してますので、そちらで食べるのもまたよさそうな感じです。

目白も、いろいろお店があって困りますね。

寛永堂目白本店
http://kaneidoshop.shop23.makeshop.jp/

file.10 母特製「白花豆」


いちにちいちあんこ

週末はびっくりするような寒さでしたね。おまけに雨。私はすっかり雨に濡れてしまいちょっと泣きたい気分になりました。

寒い時、おなかがすいた時というのは、なんとも心細い気持ちになりますね。まるで天に見放されたような、この世界に自分が一人だけで佇んでいるような、そんな迷子のような気持ちになります(大げさ)。

そんな時、私を温めてくれるのは…そうです、言うまでもありません。あんこです。
あ・ん・こ!!!

私の場合、そこにカフェオレとかカフェラテがあるとなおよし。
日本茶も大好きですが、重度のコーヒー中毒なもんで、あんこにもだいたいコーヒーを合わせていただきます。

そんな心細い心持で、帰宅すると…おおおお!!!
はなまめこれはハナマメではないですか!?やった~!
母が、白花豆を甘く煮ておいてくれたのです。

早速アツいカフェラテを入れて、まだ温かい白花豆をわしわし食べました。それまでの孤独感がうそのように、こうして一気に孤独から立ち直ってしまいました(カンタン^^;)。

白花豆は、白インゲン豆ともいいますね。あんこ的に言えば「白あん」のことです。私はあんこと名の付くものはすべて好きですが、白花豆はベストスリーに入る大好きなあんこ。
はなまめ母はお料理上手なので、こういうものをとてもおいしくさりげなく作ってくれます。ちょっとしたおやつ代わりに、私は甘い煮豆(ほぼあんこ)を食べて育ちました。
栄養価も豊富で、甘いものではありますが、余分な脂や添加物も入ってませんから、間違いなく体にいいですよね。

皆さんも、ぜひ豆を炊いてみてください!おやつに最適ですよ!!

白花豆(豆類協会HPより)
http://www.mame.or.jp/syurui/syurui_10.html

 

file.9  たねやの「オリーブ大福」


いちにちいちあんこ今日は、尊敬する友人Kさんから、「いちあんこ、あげる~」と差し入れをいただきました。なんと、「オリーブオイルをかけて食べる大福なんだよ」と!

オリーブオイルをかけて食べる??
斬新すぎますよね?!

たねやさんは、私も大好きな和菓子屋さんです。もともと滋賀県は近江八幡の和菓子屋さんですが、今や全国で展開しているお店です。
初めてたねやの和菓子を食べたときは、確か名物の「たねや最中」でした。羊羹のようなあんを、食べる直前に皮ではさんで食べるっていうスタイル。真正面に美味しい最中です。ちなみに近江八幡のお店にも2回ほど行ったことあるんですよね。近江八幡は、素晴らしいお寺さんが点在してるので、大好きな街なんですけど、行ったらよらずにはいられないのが、洋菓子部門の名物・焼きたてバームクーヘンが美味しくてですね~(うっとり)。

おっと、脱線してる場合ではありません。今日は「オリーブ大福」ですよ!
オリーブ大福おしゃれなパッケージです!
小さな大福の真ん中にあるのがオリーブオイルです。これをかけて食べる、というわけですか!すごいアイデアですね。
オリーブ大福この美しいオリーブオイルは、イタリア中部にあるカステッロ・モンテヴィビアーノ・ヴェッキオ(CMV)社のエキストラバージン・オリーブオイルなんだそうです。この写真だと黄色く見えてしまうかもしれませんが、緑がかった美しいオイルです。
さすがに最高級のオリーブオイルというだけあって、まるでオリーブオイルのジュースみたいなフレッシュな匂いがします。
オリーブ大福大福の部分は、ものすごく丁寧に作られてることがわかる上品な味。あんこには塩が聞いていますが、この塩味が強めのあんこと、オリーブオイルが妙に合う!

たっぷりかけてもまったく重くならないんですよね。味としてはこしあんの大福、香りがオリーブ、みたいな感じです。

ううむ。不思議だけどおいしいわあ!

それにしても、この組み合わせ、よく思いつきましたよね。たねやさんは絶えず新しい商品を提案してくれるし、パッケージもすてきなんですよね。そして、オーソドックスな和菓子もまじめに作ってるかんじがして、ほんと、感心します。

Kさん、美味しいあんこもの、ありがとうございました!!

たねや
http://taneya.jp/okashi/index.html

file.8 一元屋の「きんつば」


いちにちいちあんこ昨日は、いつもお世話になっている出版社の近くにあってその渋いたたずまいがずっと気になっていた「一元屋」さんでついに「きんつば」を買いました。

「きんつば」は「金鍔」とかきます。「つば」は刀の鍔(つば)のこと。丸く整えたあんこの周りを薄くといた小麦粉で包み、油を引いた銅鍋で焼いたものを言います。
この和菓子が考案されたのは江戸中期の京都だそうですが、そのころには「銀鍔(ぎんつば)」と言い、上新粉(米粉)でまわりをまとめていたそうですが、現在は小麦のほうが一般的なようです。

また明治になってからは丸ではない「角きんつば」が広まったそうです。今はきんつばといえば四角という印象ですよね。
きんつば一元屋さんのきんつばも四角です。そしてパッケージには見事に刀の鍔も描かれていて、その由来もあらわにしています。
こちらの小倉あんは、甘さ控えめで、少し塩がきいている関東風です。こういう塩気のあるあんこは、いかにも関東ですね。関西のあんこで塩気のあるものってあんまりないんじゃないかな。
きんつば小豆の皮もやわらかくて、プチプチしてます。小倉すきにはたまらない食感です。

でも、最初に手に取ってみたとき、正直言って見た感じ小さいなあと思いました^^;。
なんだなんだ、この大きさなら二個は食べなくっちゃだわ、なんて思ってたら、その考えは甘かった。
食べてみますと、必要十分な量!見た目以上にずっしりとおなかにたまります。
この塩気のあるあんこを美味しくいただくには、これくらいの大きさが適量ですわ。さすが、わかってるなあ。

今日もおいしゅうございました♪

一元屋
http://tabelog.com/tokyo/A1308/A130803/13006404/

 

file.7 福田屋の「うきうきわ」


いちにちいちあんこ

「名物にうまいものなし」とよく言いますが、私はその言葉には真っ向から反対したいと思います。いや、やっぱしおいしいですよ。

京都の八つ橋、阿闍梨餅。伊勢の赤福。福島の薄皮饅頭。愛媛の一六タルト…。
思いつくものがあんこものばかり、とちょっと偏りはありますけども、どれもこれも銘菓です。ここまでビッグネームになりますと、大量生産のためにいろいろ添加物とか入ってたり、保存の問題とかでいろいろあるとは思いますが、これだけ多くの人が変わらずお土産に選ぶっていうのは、やっぱりすごいんじゃないかと思うんです。

お土産といえば、「東京バナナ」のように新しく考えられて定着しているお菓子もありますよね。洋風のベースに、地の名物野菜入れたりして。

前置き長いですけど、今日のいちアンコも多分、そんな感じで造られたものだと思われます。
うきうきわ熊本のお土産、「うきうきわ」。米粉のパイ生地の中に、芋+チョコアンが入っています。
うきうきわパイ生地、ということで重たいのかな?と思いきや、結構あっさりしてて食べやすい。
中のイモ+チョコあんも甘さ控えめで、全体的に一体感があります。

ちなみに写真撮るの忘れましたが、パッケージの包み紙には、今を時めく『くまモン』さんが!これを見る限り、たぶん新名物になるべく、お土産屋さんでも頑張って売られてるんだろうなあ、と。お土産物としては、なるほど、ありかなあ。でも好みとしてはもっとガツンとアンが詰まっててほしいなあ。

実はこれ、自宅近くのスーパーで買いました^^;。なので全然お土産物じゃないんですけどね。これって熊本ではメジャーなお菓子なんだろうか…

福田屋
http://fukudaya.co/?pid=36158807

file.6 八幡屋本店の「秩父自慢」


いちにちいちあんこ
今日は、ちょっとささやかな、というかお上品な大きさの、つまり小さなあんこものをいただきました。

先日秩父に行ったとき、お土産で買ってきておいた「秩父自慢」です。これ美味しいですよねえ。そしてこの企画を始めて以来初めての栗あん!
秩父自慢栗あん栗あん、と思って、原材料のところを読んでみると…あれ?なんだろう。謎の原材料名が一番最初にあるな。

「大手亡」。

ってなに??

食べ物に詳しい母にも尋ねてみましたが、彼女も知らなかった。
なので、さっそくググってみましたところ、これは「おおてぼう」と読むんですって。リンク先をよく読んでみると、はああ、なるほど。これ『白インゲン豆』のことなんですねえ。日本語って難しいですねえ。

白インゲン豆のあんをベースに栗が入ってるってことですね。
秩父自慢

薄い小麦の生地で覆い、上にクルミを乗せて焼いてあります。

栗の風味よりインゲン豆の風味のほうが立ってるような気がするなあ。どちらにしてもおいしいんですけどね^^。

甘さは、かなりしっかりしています。クルミの香ばしさに負けない甘さです。なので、ちょっと小さめですけど、かなりしっかり満足感がありますよ。ふむふむ。

こちらはパッケージも可愛いんですよね。すっきりと必要なことしか書いてない。オールドスタイルというか。まわり全部を覆ってなくて、あまり日持ちしないような感じです。こういう昔ながらのスタイルは潔くって好きです。

八幡屋本店
http://www.yahatayahonten.com/

 

 

 

file.5 袋屋の「すまんじゅう」


いちにちいちあんこほぼ毎日更新、と言いながら、ちょっと飛んでしまいました。
でも、ご心配なく!
毎日あんこは、間違いなくいただいております。私のあんこスピードに、webにアップするスピードが追いつかないだけなのです。
そんなわけで、この三日であんこネタはたまってしまったので、その中でも特にお勧めしたい「すまんじゅう」をご紹介します。

「すまんじゅう」は埼玉県中部、西部、北部でよく食べられているあんこもの。天然酵母や酒だねを使ってふくらました白い皮と、中には粒あんが入っているものです。昔は、みんな家で作って食べてたらしいですが、今は買って食べるほうが多いのかな。
私の祖母は埼玉の農家の出でしたから、よくこの「すまんじゅう」を作ってくれました。私のとっては何より美味しいふるさとの味なのです。

そして今回は、秩父長瀞の、すまんじゅうの名店「袋屋」さんのすまんじゅうです!やっほ~!
袋やのつつみ袋屋さんのすまんじゅうは、子どものころ何度か食べたことがありましたが、自分で買ったのは初めて。一個126円。包装紙もレトロでかわいいです。
すまんじゅう群れ
この写真だとちょっとわかりにくいかもしれませんが、かなり大きい!
コンビニのあんまんより一回り大きいかな。しかも重量は二倍ぐらいあるって感じ。生地もあんこもぎっしり詰まってます。
すまんじゅう中はこんな感じです。
包丁で切ってしまったのでふんわり感がいまいち分かりにくいかな~~
すまんじゅうは何といっても、皮が命!こちらのすっごくふんわりしてますが、もちっとしていて、美味しいんです!
天然酵母らしい匂いがまた良し!
#最近ではベーキングパウダーとかで簡略化して作っちゃってるお店もあるので、天然酵母だと本当にうれしい。

あんこも、程よい甘さです。あんこの皮もやわらかいけど、粒あんならではのあたり感もきっちりあっていい感じ。

まさに理想的なすまんじゅうです!

最近、天然酵母パンにはまって一生懸命作ってるんで、今度はすまんじゅうを作ってみよう!と固く心に誓いました。

袋屋
http://www.e-shops.jp/local/nsh/0765119495.html

 

 

file.3 巣鴨みずのの「塩大福」


いちにちいちあんこ
ここ数日、いつにもましてあんこものが我が家に集まってきて交通渋滞を起こしています。
どれも生もの、一刻の猶予もありません!
苦悩の末、ついに今日のお昼ご飯は、お米を食べることをあきらめ、お味噌汁と、あんこもの達、というラインナップでいただきました。

そして今日のご飯代わりになった「本日のいちあんこ」は、こちら!
みずの、塩大福武藤家は全員あんこが大好きです。
そのため、それぞれが行った場所であんこものを見つけては買って帰るもんですから、あんこものが重複してしまうんですね。
この塩大福は、母がデパートで出店してるのをおお!?と思って買ってきたもの。
塩大福の元祖みずのの塩大福です。さすが、母のセンスに間違いなし!
5個入りちょっと楕円形で華奢な感じに見えますが、実際には、かなり大きい大福です。
あんこは粒あん。少し白みがかったあんです。
塩味が強いあん由来がきをみますと、この塩大福、昭和30年代にみずのの店主が、考案したものだそうです。なので「元祖」。ご主人の故郷でよく食べられていた塩味の大福もち「塩あんびん」をベースに考えたものだそうですよ。

今ではいろんなところで造られてますけど、さすが元祖だけあって、こちらの大福は確かに「塩」大福でした。甘味はほのかで、かなりしっかりと塩を感じます。
図らずとも、お昼ごはんにぴったりです!

アサリとねぎのお味噌汁と一緒にたっぷりいただきました。はああ、おなかいっぱいです。

みずの
http://www.shiodaifuku.co.jp/mizuno.htm

 

file.4 秩父、松村甘味食堂のお萩と黄味しぐれ


いちにちいちあんこ

今日は、シンガポール在住の友人Jちゃんが帰郷していたので、Jちゃん家族と、もう一人の友人Cちゃん家族とピクニックに行ってきました。

場所は秩父の羊山公園というところ。羊山公園は、埼玉県西北部にある、秩父市の春の名所。特に春は一面に咲く芝桜で有名です。今日はまだ3分から5分咲という感じで、それよりも桜の花が満開でとってもきれいでした!
しょっぱい系
そこで秩父出身のJが用意してくれていたのが、松村甘味食堂のお稲荷さん、おにぎり、おこわ、赤飯、などなど。めちゃくちゃ美味しい!! もう一人の友人Cちゃんが用意してくれた、これまた秩父名物味噌ポテトも一緒に。 この味噌ポテト、ジャガイモのテンプラに味噌田楽のみそをかけたような感じのもの。甘しょっぱい素朴で何とも後を引く食べ物です。

本当に気候もいいし、子どもたちも面白い&可愛くて、あっという間に夕方になってしまいました。本当にたくさん用意してくれてたので、食べきれなかったあんこものをお土産に頂いて夜の食事でいただきました。
それがこの、本日のいちあんこ(正確には二あんこか…)!
黄味しぐれとおはぎ
黄味しぐれは、黄味アンとこしあん、おはぎは柔らかく炊いたつぶあんがたっぷり! どちらも、丁寧に真面目に作られていてホッとするお味です。なんていうか、お料理上手な田舎のおばあちゃんがいつも作ってくれてるおはぎ、ってかんじ。なごみます。

夢中で食いついてしまったからですが、半分に割った写真を撮っておくのを忘れてしまいました^^;。それぐらい、腹ペコな私のとっては魅力的なお姿だったのです…。

あああ、おいしゅうごうざいました。今日も幸せな気持ちでぐっすり寝られそうです。
Jちゃん、Cちゃん、ありがとう!!!

松村甘味食堂 http://tabelog.com/saitama/A1107/A110701/11014485/

file.2 加賀屋の季節限定じょうよ饅頭「ことほぎ」


いちにちいちあんこ

さて、本日のいちあんこは頂きもののお饅頭です。金沢の名旅館「加賀屋」のオリジナル和菓子、「ことほぎ」。母のお友達のお土産。

加賀、といえば美味しいものの宝庫。特に和菓子もお茶文化の発達したところですから名店がたくさんありますし、全体的に何食べてもうまい!状態だと思います。
そんなお土地柄ですから、こちらの「ことほぎ」もお土産物ながら、きっちり上品に美味しい。

「地の食材を生かして」というコンセプト。皮には加賀丸芋を使い、薄紫の色は山川紫というお芋の天然の色合いだそうです。いわゆるじょうよ饅頭ってやつですね。

ことほぎ

そして、やっぱり金箔!
金箔あると加賀って感じしますよねえ。おされですねえ。

ことほぎのあんこそしてあんこは、こしあん。
ねっとり&ずっしり。でも甘さは抑え目で上品。小さいんですけど、かなり食べ応えがあります。

ちょっと濃い目に玉露を入れていただいてもいいし、風味がしっかりしてるので、意外とカフェオレでもいける!

そういえば、遠い昔、私がとある出版社で営業部にいた時、北陸全域~金沢・富山は担当地区でした。私が泊まるのは加賀屋なんて絶対無理でしたけど、小さなビジネスホテルの一室で、加賀の国の和菓子をいただくのが至福の時間でした。

しかも北陸本線の売店には絶対「あんころもち」(250~350円)のパックが売ってましてですね。新潟から富山に行く間にひとパック。富山から金沢に行く間にもひとパック。金沢から岐阜に行く間にもひとパック…と順調に平らげ…。
つらい出張の唯一といっていい楽しいひと時でございました。

出張で行って以来、北陸が大好きになり、その後も何度か一人でぶらぶらしてますが、北陸、っていうか日本海側のあんことごはんと魚ははずれなしです!人もやさしいしな~。
また北陸の旅に行きたいです…。

加賀屋グループ
http://kagaya.yado-log.com/e13312.html