file.85 お菓子の香梅の「誉の陣太鼓」


いちにちいちあんこ

いつもお世話になっているP社さんで作業をしていると、これまたいつもお世話になっているYさんが嬉しいおすそ分けを持って登場。

九州出張から戻ったばかりというYさんから頂いたのは、こちら!

20150127-1

「誉の陣太鼓」!!

熊本の銘菓ですよね~!めっちゃ有名!

すごく特徴的なのはその食べ方です。

anko20150127-5

付属の紙ナイフみたいなので、パッケージの上からダイレクトに切り取って食べるんですよね。

Yさんは、もちろんナイフも一緒に下さったのですが、バックに入れて持ち帰ったらどこかに入りこんでしまいまして…^^;

自宅にあるフォークでいただくことにしました。

anko20150127-3

紙の箱を開けますと、こちらが入っています。まさに陣太鼓!という丸型に巴紋。

そういえば、太鼓に巴紋というのは、よくありますけど、なぜ巴紋なんでしょうか。それによく見ますとこちらに使われている巴紋は、右二つ巴です。何となく三つ巴のほうがよくみる気がするので、ちょっと変わってるなあ、と思ったり。

巴紋は宇佐八幡宮など寺社仏閣に縁が深いですが、宇佐八幡宮の神紋は三つ巴みたいですね。三つ巴が圧倒的に多いみたいなので、右二つ巴にしたのは何が理由があるのでしょうか。

ま、余計なことは置いておいて、とにかくいただきましょう!

anko20150127-4あ、しまった。本体にまで切り込みを入れてしまった。切込みを入れてまずこの包みをはがして見るのが正しかった。
せっかくの食べ方を無視してしまいましたが、味に変わりはないということで、ね。
anko20150127-2

粒あんの中央には求肥が入ってます。あんこはふっくらと炊かれていて、甘さは中庸。好みが割れないちょうど真ん中な味なんじゃないかな、と思います。

よく名物に旨い物なし、なんて言いますが、私はそんなことは絶対ない!といつも思います。みんなに愛され続ける、というのは並大抵のことではないです。作り手の努力のたまものだと思います。
熊本のお土産として有名なお菓子ですけど、誰にでも愛される、上質な塩梅の和菓子だと思います。

Yさん、ご馳走様でした!

お菓子の香梅
http://www.kobai.jp/

file.7 福田屋の「うきうきわ」


いちにちいちあんこ

「名物にうまいものなし」とよく言いますが、私はその言葉には真っ向から反対したいと思います。いや、やっぱしおいしいですよ。

京都の八つ橋、阿闍梨餅。伊勢の赤福。福島の薄皮饅頭。愛媛の一六タルト…。
思いつくものがあんこものばかり、とちょっと偏りはありますけども、どれもこれも銘菓です。ここまでビッグネームになりますと、大量生産のためにいろいろ添加物とか入ってたり、保存の問題とかでいろいろあるとは思いますが、これだけ多くの人が変わらずお土産に選ぶっていうのは、やっぱりすごいんじゃないかと思うんです。

お土産といえば、「東京バナナ」のように新しく考えられて定着しているお菓子もありますよね。洋風のベースに、地の名物野菜入れたりして。

前置き長いですけど、今日のいちアンコも多分、そんな感じで造られたものだと思われます。
うきうきわ熊本のお土産、「うきうきわ」。米粉のパイ生地の中に、芋+チョコアンが入っています。
うきうきわパイ生地、ということで重たいのかな?と思いきや、結構あっさりしてて食べやすい。
中のイモ+チョコあんも甘さ控えめで、全体的に一体感があります。

ちなみに写真撮るの忘れましたが、パッケージの包み紙には、今を時めく『くまモン』さんが!これを見る限り、たぶん新名物になるべく、お土産屋さんでも頑張って売られてるんだろうなあ、と。お土産物としては、なるほど、ありかなあ。でも好みとしてはもっとガツンとアンが詰まっててほしいなあ。

実はこれ、自宅近くのスーパーで買いました^^;。なので全然お土産物じゃないんですけどね。これって熊本ではメジャーなお菓子なんだろうか…

福田屋
http://fukudaya.co/?pid=36158807