イシブカツvol.9 東京真ん中編③大倉さんちの石もの(大倉集古館)


イシブカツ

あの ホテルオークラの一角に…
根津美術館から、表参道駅を経て溜池山王駅へ移動。溜池山王駅からアメリカ大使館の前を抜けてホテルオークラを目指します。

実は以前勤めていた会社が一瞬この界隈にあったので、この辺りはなんだか懐かしい思い出の地でもあります。アメリカ大使館の前はいつも重々しい雰囲気でね。会社の同僚がよく職務質問されてましたっけ(遠い目)…。

それはともかく、ホテルオークラの一角に、お目当ての大倉集古館はあります。
こちらは、日本で最古の私立美術館。大倉財閥の創設者である大倉喜八郎さんが設立した美術館です。

こちらの外観、なんというか…。ものすごくエキゾチックなんですよね。「外国人が考えた日本」みたいな雰囲気の外観。不思議な場所です。
大倉集古館こちらの設計、なんと伊東忠太さん!あの築地本願寺の建築家です。

あのあまりに振り切ったデザイン、日本というかアジア、みたいなダイナミックさはこちらのデザインにも健在。正直言ってベタベタです。こってりです。
大倉集古館前方の回廊にはこれでもかと仏像やら何やらが無造作に置かれています。手前の普賢菩薩、や如来坐像は清朝の仏像だそうですよ。
この無造作感がまたなんかアジアっぽい。バンコク博物館とかこんな感じです。

石ものは外に、無造作に
さて、今日の私たちは石部の人。当然(残念ながら?)館内には入りませんよ!
館内には、とってもいい感じの北魏時代の如来像(重文)もありますし、有名な国宝・普賢菩薩騎象像もあります。そのほかにも、絵巻物とかいろいろ要チェックなものもたくさんありますが、今回は、外にある層塔を狙い撃ちで見に来た、のであえて観ませんよお^^;。

さて、そんなわけで、石ものを見るだけでしたら入館料も必要ありません。リーズナブルです。
こちらにはさほど広くはない建物の周囲に、いろいろおいてあります。
かなり大胆な配置かなり限られたスペースにたくさん置かれてます。青銅器や焼き物の塔なんかもわらわらと。
その中で気になったのがこの手前の…
華表この謎の石もの。側面の線刻が可愛い!
後で調べてみましたらこれは「華表(かひょう)」というものだそうです。中国の建築様式で用いられる「標柱」(出入り口のところに置く目印みたいな柱)とのことですが、これはだいぶ背が低い。部分ってことでしょうか。

高麗時代初期の五重塔
さてさて。こちらで有名なのは高麗時代の石塔です。古い順で行きますと…
石塔まずはこちらの石塔。おおおお、かっこいい!!
大倉集古館の収蔵品図録『大倉集古館500選』によりますと、高麗時代初頭、10~11世紀ごろ、とあります。日本でいうと平安中期ごろ。藤原時代初期ぐらいの塔です。こちらはどっちかというと新羅系の仏塔のテイストですね。

新羅というと、5年ほど前にちょろりといった仏国寺(@現在の慶州)にある、こちらの塔、
仏国寺三層釈迦塔五層、三層の違いはありますけど、なんかちょっと空気感が似てませんか?
三層釈迦塔と呼ばれる塔で韓国の国宝です。時代はもっとさかのぼって新羅統一時代のものなので、大倉集古館の塔よりおそらく一・二世紀さかのぼりますけど…。

ううむ。これはいいですね。
三層釈迦塔まではいかないですけど、十分に風格のある美しい塔です。石塔ちょっとディテイル観てみますと、この塔がとても丁寧に作られていることがわかります。美しいですね。
石塔この笠、いいわ~~。すごいきれい!
反りもなだらかで、ふわっとしてます。品がありますね。いいですね~!

石造センパイもかなりお気に召したご様子。夢中で写真を撮ってます。

高麗中期の八角五重塔
八角五重塔
こちらは、もう少し時代が下って、高麗中期とあります。ネットでいろいろ検索してみますと、こちらの塔は現在のピョンヤンにあったもののようです。

この塔の特徴はやはり八角形だということと、基壇が連弁だということでしょうか。柔らかい感じのよく出た美しい連弁です。

でも、好みで言いますと、やっぱし前者の塔のすっきりした感じが好きかな~。

それにしても、これだけ素晴らしい石塔を日本にいながら見ることができるとは。しかも屋外にあるので無料!かなりお得です。

さて、そしていよいよ椿山荘へと向かいます。

大倉集古館
http://www.shukokan.org/
 

イシブカツvol.9 東京真ん中編①エライ人元邸宅ツアー


イシブカツ
天候に弱いイシブカツ
実にお久しぶりの、イシブカツです!
石部のメイン活動ですが、冬季は寒さに弱い私たちにとって、心理的圧迫感がかなりありましてですね。石田石造(女)センパイがめっちゃクチャ忙しかった、ということも大きな理由ですが、無理をしてでも…とならなかったのは、正直いって気候の件、これは看過できない問題です。

だってだって。
石部のフィールド、ってものすごい露天なんですよ。絶えず露天なんですよ。

石もの(石造物)ってたいがい外にありますでしょ? しかも山裾とか、お寺の端っことか、墓場とかにあるわけです。もうどうにも避けようがない、自然の脅威にさらされているのです。

そんなわけで、冬はもちろん、実は夏もものすごくきついのです。炎天下の中をひたすらじりじり石ものを観る、というのはまあそりゃあもう大変なあれですよ。

…って、いきなり言い訳から入ってしまいましたが、それはさておき、今はベストシーズンなわけです!

現金な私たちは、ちょっと肩慣らし?に東京23区内の石ものを見て廻ることに決めました。

東京の石ものの法則
さて、東京特に23区内で石ものを見る場合、行くところはかなり限られてしまいます。
もちろん板碑などの石ものや、江戸時代の石仏などの石ものや墓石などはありますが、比較的古くて、専門家の方々が「見たほうがいい」と言われるような石ものは、その多くが明治以降に移動されてきたものなのです。

これまでイシブカツでは、埼玉県の板碑を多く訪ねてはご紹介してきました。それというのも、板碑はもともと建立された場所の近くに、そのままの目的で置かれている、ということが多いんです。それが大きな魅力なんですね。本来あるべき場所にある、というのは何となくそれだけでパワフルな何かを温存しているような気がします。
意外と石ものは、移動されちゃうことが多いので、その「本来の場所にある」というのはとても価値のあることだなあ、と思うんですね。

というのも、石ものは、室町以降のお茶人文化と非常に密接に関係しているのです。特に戦国期末期以降のお茶道では、茶室を設け、庭を設け、その空間全部を主がプロデュースして客をもてなします。
そこで「石」は非常に重要なファクターだったのです。
例えば入口から待合室にいたるまでのアプローチ、敷石や庭の景物が必要です。沓脱石といった実用的な石ものも必要ですね。
ここでその人のセンスが問われてくるわけです。目に入るものすべてに意味があるのがお茶道だと思われますが、それは石ものにもあてはまることです。

私たちの印象ですと、例えば石灯籠というと、連想するのはお庭じゃないでしょうか。でも、実は石灯籠というのは、もともとお寺の中に作られた献灯するための器具です。あくまでも仏さんに奉納する明かりをともすものなんですね。本来庭に置くものではないのです。

しかし、お茶人は、茶庭に「世界」を作り上げるために、景物としてお寺におかれていた灯籠を庭にもってきておきました。
そうして時代を経るうちに、庭に石灯籠を置く、というのは何となく当たり前のことになっていったというわけなのです。

明治以降、東京が日本の首都としてなった時、明治の元勲と呼ばれる人たちや実業家がたくさん邸宅を建てました。「明治維新」はその名の通り、それまでの上流階級ではない人たちがたくさんえらくなりました。以前は、足軽の家に過ぎない地方藩の藩士が大臣になったりするようなそんな時代です。

そういう人たちが、明治文化のパトロンになったわけですね。
趣味のいい人も悪い人もいたと思いますが、特徴としては、「やることがダイナミック」というかんじです。ドドーンとでかい、ドドーンと広い。
地方の有名寺院の、有名な木造三重塔や講堂をまるまる移築しちゃう。灯籠どころか、普通の大きな建物を、庭の景物として移築させちゃうんですから、…いちいちやることがでかい。そんな風潮の中で、石ものの「名物」もけっこう移されてきたんです。

そんなわけで、23区内にある石もので「これは」というものがある場所というのは、そんな風に出来上がったお庭にあることが多いのです。

東京石めぐり=元邸宅めぐり
そんなこんなで、23区内を回るとしたら、それはお庭めぐり、みたいなことになるわけです。

今回のメインは、なんといっても「椿山荘」。
椿山荘は、山縣有朋の邸宅だったんですが、その当時のお庭がわりときれいに残されています。こちらにある石ものは、なんといっても東京都下では一番のクオリティです。
私も石造センパイも何度も訪れていますが、今回改めて行ってみよう、ということになりました。こちらは何度訪れてもやっぱりあらためて感動しちゃうんですね。

そして、せっかくだから、とほかに二か所行くことにしました。根津美術館と大倉集古館です。
根津美術館

根津美術館(上の写真は入口にある水船と朝鮮燈籠)は、昭和初期の大実業家でお茶人としても有名な、鉄道王・根津嘉一郎さんの私邸だったところ。大倉集古館は、明治大正時代の大実業家の大倉喜八郎さんが私邸の一角に作った日本で最初の私立美術館です。

そうです。つまり、【偉い人元邸宅ツアー】ともいえるのが今回のコース!
一日でぐるりとまわります!

まずは、根津美術館からスタートです。

(続く)