3日間限定「ホタルナイト」開催。ヘイケボタルが見られます!@埼玉県立こども動物自然公園(7/18-/20)


最近、蛍がみられるという場所が増えましたよね。

高度成長期に幼少時代を送った身としましては、子ども時代、蛍なんて超清流にいるもので、埼玉の住宅地なんかじゃ到底拝めない貴重な虫だと思っておりましたら、なんと!

埼玉県立こども動物自然公園で、ヘイケボタルがみられる、と言うではないですか~!

知らなかった~!!!

hotarunight2015

こちらの動物園は、猛獣などはいないし、どちらかと言うとじみ目な動物園かもしれませんが、私は大好きです!

子どものころから行き馴れてるということもありますが、丁寧に運営してるなあ、といつも感心するんですよね。園内も清潔で広々としてますし、動物たちものびのびしているように感じます。コアラやカンガルーなど、有袋類を身近に観られるというのも魅力ですし。

それにしても、蛍がみられるなんて知らなかった。

確かに広い園内に、沢がありましてそこにいると言われればなるほど、という感じなんですが、それにしても私が子供の頃には考えられないくらい、環境が良くなったってことなのかなあと。

そんなわけで、蛍を見たことがないという皆様!

池袋から電車で52分!
けっこうあっという間ですよ♪

ぜひ、足をのばしてみてくださいね~!

埼玉県立こども動物自然公園「ホタルナイト」
PM5:00-9:00開園
7/18-7/20

 

カエル好きの皆さん!世界で最も美しいカエルカレンダー『FROGS』by松橋利光さんが今年も登場しましたよ~!!


そろそろ今年もあと三ヶ月。
書店さんも年末に向けてどんどん模様替えしてますよね。

この時期最も大きく変わるのは、カレンダー・手帳の特設コーナーができることではないでしょうか。

さて、私は以前山と溪谷社という出版社におりまして、その時にはこのカレンダーも担当しておりました。哺乳類(犬・猫)をメインに担当しましたが、カエルカレンダーも担当しておりまして……

カエルカレンダー『FROGS』がまた素晴らしいんですよ~~!!

この、美しい写真は、カエル好きなら誰もが知っていると思いますが、松橋利光さんのお写真でございますっ!

いいですよねえ。松橋さんのカエル。

もともとカエルは好きでしたが、このお仕事を通じ、松橋さんのお写真でさらに好きになってしまい、会社を辞めてからもこのカレンダーは買い続けています。

松橋さんは、ありがたいことに辞めた後もお付き合いくださってまして、そろそろ本格的に何か一緒にやろう!といろいろ画策中。めちゃくちゃ楽しみです。

さてさて。そんなこんなで。最近はちょくちょくお目にかかれる機会があるのですが。
先日お目にかかった際、「はい来年のあげる~」とこちらいただいちゃいました!!

20140912-1

おお!
可愛いです~!

今年の表紙はトウキョウダルマガエル。目が金色。顔から胴体に、葉っぱのミドリの色が反射して青みがかってますね。

 

今回は、日本のカエルの登場がいつもより多めかな?

どのカエルもきれいでかわいいけど、3月のアズマヒキガエル、いいなあ。ヒキガエルって身近すぎて気づきにくいのかもしれませんが、いいかんじの質感と佇まいしてますよね。
松橋さんの写真は、必ずそういう「あ!!」という気付きを与えてくださいます。いいなあ。

今年は、編集のほうを大好きな編集の大先輩・Yさんが担当されたとのことなので、なんとなくYさんらしいレイアウトになっている気がするな~。

中のレイアウトもお見せしたいところですが、それはちょっとあれですのでw、ぜひ書店さんで見てみてくださいね!今年もすっごくかわいいですよ!!

あ、それから、このカレンダー、カエルの写真のシールも付録でついてるんです。これで860円(税別)は本当にお買い得ですよ~!

(むとう)

文系女子にも大プッシュ!生きもの図鑑の新形態『ときめくカエル図鑑』と『ときめく小鳥図鑑』/山と溪谷社刊


わたしが以前在籍していた山と溪谷社は、山の出版社として有名ですが、イキモノ系の人には、図鑑の会社としても認知されているかと思います。

本格的なものから、ハンディなものまでさまざまな図鑑を出していましたが、最近、読み物書籍サイズの図鑑シリーズを刊行しています。

「ときめく図鑑」シリーズ、というらしいのですが、女性が好きかな?って感じのシリーズですね。

さて、その中でこの

20140806

「小鳥」と「カエル」!

カエルのほうは大好きな写真家・松橋利光さんの、ということで以前自分で購入しましたが、小鳥のほうは先週、編集を担当されたYさんから直々に頂戴しました!ありがとうございます~!

偶然に、というか、やっぱりというか両方ともYさんの編集。Yさんはフリー編集者の大先輩で、在籍中にも本当にお世話になったお方。いつも面白くて、お洒落なしっかりとした本をつくってらっしゃいます。

カエルのほうは、松橋さんならではの綺麗でかわいい写真がこれでもかと登場。この本に掲載されているカエルの名前を覚えれば、かなりカエル通になれるんじゃないかと思います。

ほんと綺麗だな~。

小鳥のほうもまた凝ってますよ!
鳥じゃなくて「小鳥」ってのがそもそも乙女な感じですよね。

吉野俊幸さんの写真がまた美しい。小鳥ってこのまるっとしたフォルムたまらんですよね。

それから小鳥の写真のそばに吹き出しで、その鳥の啼き方が入ってるのもいいなあ。

どちらの本も、ちょっと普通の図鑑と違う「文系アプローチ」なページがあります。両方のご本ともに著者の方が若い女性というの無関係ではありませんね。雑貨なカエル、とかカエルが出てくる物語、小鳥が出てくる文学作品の紹介、などなど。こういう部分が、他の図鑑にはないところですよね。

自分用はもちろんですが、プレゼントにもよさそう。オトナ女子で、カエルグッズ集めてるとか、小鳥デザイン好きな人とかっていますよね。そんな人にドンピシャですよ!

そんなわけで、やっぱし、文系女子にもお勧め、かな!
これまで、あまり生きものに興味がなかったような人も、抵抗なく手に取れる本と思います。

お子さんと一緒にみる、なんてのもいいな。すごくシンプルで見やすいデザインだし。

ぜひお手に取ってみてくださいね~!

(むとう)

動物写真家・福田豊文さんの写真展『Night Zoo―夜の動物園―』@キャノンギャラリー銀座にて開催中!!(7/30まで)


かつて在籍していた出版社で、一緒にお仕事させていただき、以来大変お世話になっている動物写真家・福田豊文さんの写真展がキャノンギャラリーにて開催されています!

20140724
今回のテーマは「夜の動物園」。信じられないような解像度で切り取られた夜の動物たちの表情は昼間の動物とはひと味もふた味も違う表情という感じです。

とても自然な表情なんですが、なんとなくかわいいかんじがするのは、福田さんの動物への愛情があふれちゃってるからなんじゃないかなあと。

ぜひ、みなさま。足を運んでみてくださいまし~!

*ちょっと会期が短めなので、気を付けてくださいね。

2014年7月24日(木)~ 7月30日(水) キヤノンギャラリー銀座
2014年8月21日(木)~ 9月2日(火) キヤノンギャラリー福岡
2014年9月11日(木)~ 9月24日(水) キヤノンギャラリー名古屋
2014年10月2日(木)~ 10月14日(火) キヤノンギャラリー札幌

キャノンギャラリー
http://cweb.canon.jp/gallery/archive/fukuda-night-zoo/index.html

目からうろこが落ちすぎる究極の「虫食」レシピ本登場!『人生が変わる!特選昆虫料理50』/木谷美咲・内山昭一著(山と渓谷社刊)


突然ですが、少し懐かしい話です。

高校時代、考古学者になりたかった私は史学部を希望していました。進路指導の時、胸を張って「史学部を受験したいです!」と爽やかに言い切った女子高生の私に、担任の先生が「む。。。」と唸りながらじっと私を見つめると言い放ちました。

「むとう。お前は史学向きじゃない。考古学者はお前には無理だ。やめとけ」

いつもはお調子者で、ふざけたことばかり言っている先生のあまりにシリアスな表情に動揺する私。偏差値がどうだという前に「向いてない」とは何だ。そんな言い方あるかいな…とちょっとむっとして、

「…え?なんで?歴史大好きなの、先生も知ってるでしょ?遺跡掘ったりも…。私はシルクロードの研究者か、中南米の研究者になりたいんです」

「…うん。それは俺もよくわかってる。でもお前はかなり飽きっぽいし、遺跡発掘のような地味で地道なことはむいてないと思う。社会学部とか経済学部がいいと先生は思うんだ」

「いえ、そんなことはありません!好きなことはずっと変わらないし、遺跡を掘るのも大好きです!」

まったく、なんてこと言うんだ!飽きっぽいのは否定しませんが、好き嫌いが激しいだけで、好きなものへの執着度の高さは相当なものがあると自負してました。まあ、先生が何を言おうが、私は考古学をやりたいんだし、遺跡を掘りたいんだから史学部にするけどね…、と心の中でつぶやいていると、

「おれのアドバイスなんて聞く耳持たないって顔だな。わかった。じゃあもうはっきり言おう。お前、肉食べられないよな」

「……!? に、肉はいざとなったら食べられますよ。なんですか急に…」

実は今でこそ好き嫌いはありませんが、20代前半までほぼベジタリアンでした。動物性たんぱく質はほとんど食べられなかったのです。ただ、どうしても食べなくてはならないシーンでは食べられましたし、別にそんなことを急に言われても意味が分かりません。

「まあ、いい。じゃあ肉は食べられるかもしれない。でも、虫はどうだ。食べられるのか?」

えええええええ!???
虫!??なんでえ?!

「お前がいきたいと言っている中南米はジャングルが多い地域だし、お前が好きな地域は未開の地が多い。食料が少なくなったときやその土地の人がご馳走してくれた時、お前はそれをちゃんと食べられるのか?」

??!!!

そ、それは、マストスキルですか?
虫食べられなくても大丈夫じゃないの?!
だめなの??!

……当時も「めちゃくちゃなこと言うなこの先生!」と思いましたが、今思い起こしても無茶苦茶だなと思います。しかし、無茶苦茶だなと思う一方、世間知らずの私は「確かに考古学者になったら野菜ばっかり食べてるわけにもいかないのかな」と、進もうとしていた足をふと止めてしまったのです。

結局、史学部は受けましたが、どちらかというと歴史学に強い学校が受かり、最終的に入学を決めたのは全然関係ない社会学部でした。まるで先生のアドバイスが、予言のように思えたのも、無理からぬことでした……。

さて、前置き長すぎてすみません。

この私の人生のエポックメイキング、というか人生の曲がり角に登場した「虫食」、そしてそのエピソードを思い出してしまったのも、あまりにもすごい本が刊行されたからなのです。
20140718-1我が古巣、山と渓谷社からまさに本日発売!!

虫食(昆虫食)の本はここ数年結構出てますけど、こんなにお洒落で美しい、いわゆる〔レシピ本〕らしい仕上がりの本はないと思います。

著者の先生方は存じ上げませんが、担当された編集者のYさんはよく存じ上げてます。とにかくお洒落で凝った作りの本を上手に作られるんですが、その才能は昆虫食をテーマにしてさらに冴えわたっておられます。

構成もさすがです。

第一章では「見た目に優しい昆虫料理」と題打って、見た感じちょっとわからないかな?という料理を紹介。
第二章「素材を生かした昆虫料理」、
第三章「野趣を楽しむ昆虫料理」とだんだんと「昆虫色」が強まっていき、
第四章「スペシャル昆虫料理」では、お寿司やおせちなど、すっかり「お祝い料理にも堂々と昆虫使っちゃうもんね♪」とばかりに、しれっと進行させてしまいます。

す、っす、すごごご!!!!!

と、とにかくこんなすごいレシピ本、ほかにあったでしょうか、いや、ない!!!!

でも、でもね。

だからと言って、急に「虫食べたい!」と思うようになるかというとまたそれは別問題なのですけどね。しかし、この本は同業者としても目からうろこが落ちる素晴らしい本だと思いますし、物事というのはここまで極まることができるのだな、と人としての道までも何かこう、変えてくれちゃうような衝撃があるのです。

まさにそのタイトルに冠している『人生が変わる』、

…至言です。

高校時代の私にも、ぜひ見せてあげたい。しかし、(ほぼ)ベジタリアンだった私に見せても虫が食べられるようになったとは思えないんですけど、でも、なんでしょう。こういう物事へのかかわり方があるとあのころの私に教えてあげたい、とそんな風に思ってしまうのでした。

ぜひ、皆さん、手に取ってみてくださいね!!

福田豊文さんの新作『どうぶつの赤ちゃん』、発売!


夏休み真っ盛りです。お盆休みの今週は、特に親子連れを見かけます。私の事務所の近くにある動物園では、ナイトズーも開催しており、大人気。

私もナイトズーに行きたいのはやまやまですが、このあまりの暑さにすっかり怖気づいてまだこの夏は行けていません。夜になっても気温が下がらないのがねえ^^;、どうも…。

そんな折、前の出版社でお世話になった編集の先輩がた、写真家の福田豊文さんが、たまたま近くの印刷工場で印刷立ち合いにいらして、打ち上げに誘っていただきました。

久しぶりの再会、動物バナシに花が咲く!

このメンバーでお話をすると、改めて「生き物って楽しいよな~」と思うのです。生き物の不思議な生態、多様な生の在り方、またそれを追いかける生物好きの皆さんの愛に満ちた面白い行動…(笑)。
福田さんのお写真を拝見すると、その「愛」をバシバシ感じます。よく知っているはずの動物でも、「あ、こんな表情するんだ!」と驚かされます。

そんな福田さんに、新刊を頂戴しました。

どうぶつのあかちゃんばかりを集めているという、反則的にかわいい写真絵本です!
犬や猫、チンパンジーやライオン、虎、カピバラといった動物、全部で25種類!

どのページも可愛すぎますが、私の場合特にこの…
ライオン

(P16-17より引用)

この表情!!!!
子ライオンちゃんが、母ライオンに頼りきっているこの安心に満ちた表情。素晴らしいですよね。そして…
シロクマ

ホッキョクグマさん、ダイブ!決定的瞬間です!
そして、すごいのはこのダイブしているときのホッキョクグマさんの表情。「やった~♪」みたいな何とも言えないいい顔してるんですよね。

この本は、子供向けの写真絵本ですが、写真集として見ても、動物好きをうならせるようなお写真がたくさん掲載されています。ほんと素晴らしい。

もちろん子供たちにもぜひ見てもらいたい!今度、姪っ子が遊びに来たら一緒に読みたいな、と思います。たぶん彼女も喜ぶはず。

福田さん、素晴らしいご本、本当にありがとうございました!

【ニュース】こども動物自然公園でミナミコアリクイの赤ちゃんが誕生!


大好きな動物園「こども動物自然公園」で、ミナミコアリクイの赤ちゃんが生まれてました。
最近ちょっと忙しくてサイトチェックしてなかったんですよね~~><。

これは早めに会いにいかないと!
ミナミコアリクイ、ほんっと~に可愛いですから!
お母さんの背中に乗って移動してますから!!

たまらん♪♪

春は赤ちゃんラッシュで嬉しいですね♪

埼玉県立こども動物自然公園
http://www.parks.or.jp/sczoo/news/index.html

今日は犬の日!~犬カレンダーに耽溺~


11月になりました!今日は犬の日だって知ってました?
11月1日。ワンワンワン(111)…ということで、ね。犬の日だということで。

ありをる日誌でご紹介しました犬・猫のカレンダーの詳細を、もうちょっとイキモンブらしくご紹介していきたいと思います。犬の日にふさわしいですね!(?)

さて、かつて所属していた出版社は自然・動物の写真印刷に定評がありまして、写真を楽しむタイプのカレンダーをたくさん出しています。
価格は500円台から1500円くらいまで(だったかな?)。壁掛けタイプ、卓上、ノートタイプ、大中小とあらゆる形のカレンダーが勢ぞろい。どれも素晴らしい写真家の方の、一番いいお写真をお預かりしてつくっちゃいますから、そりゃもうお好きな方にはたまらない、ということになるわけですよ。
と、前置き長いですけども。

先日、その際に一緒にカレンダーを作っていたフリー編集者・丹由美子さんと久しぶりにお会いして、カレンダーをいただきました。
「懐かしいでしょ~?」と私もかかわっていたカレンダーの最新版をドサリ。どわ~!かわゆすぎ~!!

丹さん編集のカレンダーは最高にかわいい!

4点とも、写真家・植木裕幸さんのお写真で構成されています。
植木さんのお写真は、ホンっとーに「可憐」なのです。ご本人も可憐なのですが(男性なのですけども)、ただでさえかわいい犬や猫がさらに一皮むいて可愛く綺麗になっちゃうって感じなんです。

さて、今日は犬の日、ということでこの中でも特に犬カレンダー二点を詳しくご紹介したいと思います。

ま~かわいい~!
まず、左の「ぺたわんこ」は今年の新作だそうです。
よく、猫の肉球がたまらん!と猫好きな人が言うように、犬好きにもそんな部分やしぐさがあろうかと思います。
私の場合それは、犬のあご下のタプタプしたお肉(皮?)です!たまらん!それから、犬がおなかをぺたっとつけてだらっとしてる姿もたまりませんね~。
それはどういうことかというと、左の写真をご覧ください。
こういうことですわ~。ふう~。

さすが植木さん&丹さん!
犬好きの心をとらえて離しません!
さらに、このカレンダーの驚くところは、値段が安いこと。何と700円こっきり!しかもシールがおまけで付いてるのですよ~。すごいなあ。

そして、もう一点。「子柴」カレンダー。
実はこちら、立ち上げは不肖私が担当させていただいたんです。丹さんにご相談しながら作り上げたことが昨日のことのように思い出されます。そんなわけでちょっと格別な愛情のあるカレンダーです。

このカレンダは卓上なんですけど、可愛い写真だけでなく、使いやすさも重視してます。
表面に写真、裏面に書き込みしやすいようなシンプルカレンダー。
お客様がいらっしゃる時には表面を見せておいたりできますし、オフィス遣いに最適ですよ!
それにしても今年の写真はさらにパワーアップ!
いろどり華やかで、フクフクかわいい子犬たちがこれでもかと登場してます。
実は、海外のお友達へプレゼントとして使ったりしてますが、かなり喜ばれます。可愛いものは万国共通ですよね!

なんだか全体的に『!』が多すぎて、我ながらどうかしていると思いますが…。かわいいもんで興奮してしまいまして。

皆さんもぜひお手に取ってみてくださいね!
書店さん、アマゾンさんなどで買えますよ~♪

福田豊文氏写真展@湯島(~10/31)


以前、勤めていた時に、大変お世話になった動物写真家、福田豊文さんの写真展が開催されています。
福田さんにお許しいただいたので、様子を写真でアップしちゃいますね!!こんなかんじ!
福田さんの写真は、いつも「動いて」います。
もともと野生動物の撮影から志され、現在では犬ねこや動物園の写真でも高名ですが、福田さんの写真はどんな場面でも、動物たちが生きているのです。

今回のお写真は、動物園の動物たちでしたが、その動物たちがどこまでいっても飼われるものではなくて、「動物」であることを気づかされるような写真ばかり。
中でも私が釘付けになったのはこの一枚。
上野動物園のハシビロコウさん!
いつもお外で元気に不動の姿を見せつけていますが、こんなに激しく動くなんて!!以前、BBCのドキュメンタリーでハシビロコウがナイル川で魚を捕食しているシーンを見て度肝を抜かれましたが、この写真はまさにそれ以上の衝撃です。

福田さんに「ハシビロコウさん、めっちゃ動いてますね!決定的瞬間!!」と興奮してお話したら、いや、結構動くんだよ~とおっしゃられてました。そっか、そうなのか…w

動物がお好きな方、また写真がお好きな方は是非足を運んでくださいませ!
やっぱり動物ってきれい!かっこいい!と再発見しちゃいます。

PHOTO GALLERY(株式会社ユニバーサルカラー)
:千代田線 「湯島」から 徒歩1分くらい。
〒110-0005 東京都台東区上野1-15-10
TEL : 03-3834-7641 / FAX : 03-3833-7960

ペンギン好きにはたまらない!ペンギンキャンプ2012@埼玉県


今、まさに逃げ出そうとしているペンギン氏。

埼玉県こども動物自然公園には「ペンギンヒルズ」という展示があります。波のたつプールと人口の営巣地があり、そのエリアに私たちも入ることができるのです。
運がいいと、足もとまでフンボルトペンギンがやってきたりするんですよ!もーたまらん。

人間の出入りを狙って脱走を企てている猛者もいます。
またその姿がかわいらしいんですよね。

さて、そんな素敵な場所で、なんとナイトキャンプが開催されるそうです!
営巣地の近くにテントを張ってそこで寝られるそうですよ!すごいなあ。
事前の申し込みはが必要なので、興味のある方はぜひ申し込んでいってみてください。

詳細はこちら!→http://www.parks.or.jp/sczoo/event/index.html

開催日時:2012年11月3~4日
場所:埼玉県こども動物自然公園
料金:8000円