【2017宗像・対馬・壱岐旅】⑥やっぱり行きたい!宗像大社の「中津宮」@大島


ここまで来たらやっぱり行きたい「中津宮」
神宝館の展示を見ていて、はたと気づきました。
沖ノ島には上陸できない、とよく聞くけど、中津宮のある大島がダメとは聞かないな……。
ってことは、行けるってこと??

受付で図録を買う際に、係の方に聞いてみると、「もちろん行けますよ~」とお返事。これから行けますか?という私を見て、バスの時間や船の時間を調べてくださいました(ご親切に、ありがとうございました~!)。
その後の私のスケジュールと合わせて考えてみると、滞在時間は35分だけですが、行けることが分かりました!

こ、これは行くしかありません!

慌てて、一の鳥居の近くにあるバス停へ、そこから神湊(こうのみなと)という港へ移動します。無事にバスに乗れた私は、慌てて友人が暮れたパンフレットを見直してみると、ちゃんと載ってました。わああ、もっとちゃんと読んでおけばよかった~!

バスで10分ほどして、海に到達しました。

無事、船のチケットもゲット!
高速船だと15分だそうです(普通の船は25分)。
あれだ~!

大島だ~!!

中津宮がある大島は、小さなのどやかな美しい島

とりあえず、この船が到着し、私が乗らなくてはいけない船が出るまでの時間は35分です。中津宮は波止場から歩いて10分くらいと聞いています。
つまり、中津宮に滞在できる時間は15分のみ!

船の中でそんなことを考え、シミュレーションしたりしながら、到着。

Googleマップを見て「よくわからないけど、多分あの辺だ!」とインプット。

暑いけど、一分でも長く滞在したいので、走ってむかいます。

あ、あった~!!

走ったこともあり、5分で到着しました。……や、やった。えらいぞ私。
この時、半分熱中症の中、焦って撮った写真はだいたいこんな状態。
逆光で何やら、ものすごく神々しい雰囲気に…

い、いや。でもこちら、とてもいい!いい感じです!
そんな気持ちで浮ついていろんな角度で写真を撮ろうとしますが、…
いや。ちょっと待って私。

この階段、走って上がるだけでも絶対3分はかかる……。というよりも、3分で登らないと間に合わない。
写真を撮ってる場合ではないのです!(でも撮る!)

ぬお~~~~!!

いや、ほんと、最近ウォーキングとか剣道とか頑張っておいてよかった。
体力なかったらたぶんここ3分って無理。
そして、拝殿が現れました!

わあああ‥‥

なんてキレイなんでしょう。

こちらに祀られているのは宗像三女神のうち、「湍津姫神(たぎつひめのかみ)」というかた。
野本寛一先生の『神と自然の景観論』というご本の中には、湍津姫神とは、「激しい海流」を神格化したものを考えて差支えない、とあります。
さて、こちらの裏手には「天眞名井(あまのまない)」という、名水があります。「天の眞名井」とは、高天原(たかまがはら)にあるという井戸のことで、宗像三女神が生まれた物語「アマテラスとスサノオの誓約」で、口に含んだ水はこの眞名井のものだとされています。

ぜひ、見たい!

しかし、時間がない!

走って行けば間に合うかもしれない。
でもそうしたら、ご朱印をお願いする時間がない。

それにそもそも、焦って走って行って、水を少しいただいて取って返すってのは、なんか失礼な感じです。

その瞬間、「これはもう一度お詣りするべき場所ってことだな」と、あきらめました。
それに、大島には、沖ノ島を遥拝する場所もあります。今回はもちろん行けないわけですから。きっともう一度来なくてはいけないってことですよね。

とにかく本殿にお詣りできただけでも十分です。
そう思うことにしました。

とはいえ、やはり時間はありません。
ご朱印をお願いして、待つ間だけ少しゆったりと境内を眺めました。

優しくて、何か少し大人しい女性な感じ。なんか次女っぽい……。

やっぱり、来てよかったな。
ふと、そう思いました。

お社に居られた時間は15分だけだけど、でもこの優しい空気感を感じられたのは、とても意味がありました。

次回はもっと余裕を持って参詣したいです。
出来たら、大島の中の民宿に一泊してみたい。
そんなふうに思う、優しい場所でした。

(続く)

【2017宗像・対馬・壱岐旅】③祝・世界文化遺産決定!「宗像大社」――海人族ムナカタ氏に思いを馳せる


「ムナカタ」氏という海の民の壮大なストーリー

2017年7月9日。

紆余曲折あって関係者各位をやきもきさせたと思いますが、「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」が、一括して世界文化遺産に登録されることが決定しました。ほんとよかったですね。「一括して」というところが大切です。そこのところにこの場所の大切な「意味」、「ストーリー」があるわけですからね。

その壮大なストーリーこそ、古代海人族の雄・「ムナカタ」氏の、大いなる歴史の証なのですから。

「ムナカタ」と聞くと、大方の古代史ファンは、「おおぅ…」と言って少し溜息をつくのではないかと思います。

『古事記』の有名な「アマテラスとスサノオの誓約(うけい)」で、アマテラスがスサノオの刀を嚙み砕いて吐き出した息の中から生じたという女神、『宗像三女神』。

この『宗像三女神』は、数ある神々の中でも特別な神さまたちといえます。

アマテラスが、

「汝三神は、宜しく道中に降居して、天孫を助け奉り、天孫に祀かれよ」
――「そなたら三神は、道中〔みちなか・朝鮮半島との航路、玄界灘のこと〕に降臨し、天孫を助け奉り、天孫に祭(いつ)かれよ」

と、じきじきに「神勅」〔神のよる命令のこと〕をしたという、特別に重要な神々なのです。

あるいは、

『日本書紀』にある、大海人(おおしあま、おおあま)皇子の嬪(ひん)・胸形君尼子娘(あまこのいらつめ)――大海人皇子の長男で、太政大臣にもなった高市(たけちの)皇子のお母さんの名前に、その名があることをふっと思い浮かべるのではないでしょうか。

大海人皇子とは、のちの天武天皇ですが、この人がまた「海」の気配の強い人です。

その名の「大海人」は、皇子を養育したとおもわれる氏族「凡海(おおしあま、おおあま)氏」からきているようなのですが、この凡海氏は、安曇氏と同族とされる人たちなんだそうです。宗像氏と同様、海人族のひとつなんですよね。
その大海人皇子の、最も早い時期の奥さんの一人に、胸形君徳善の娘がいるということは、なんか無関係じゃないような気もします。

海の民と、天孫族(大王〔天皇〕家)が交錯するお話の数々。

ロマンですな~。いや~。

 

いよいよ、通史上最も苛烈な海域のほとりに立つ!

血沸き肉躍る………

この海域を眺めると、そんな思いにとらわれるのは私だけではないはずです。


今回まず訪ねた「宗像大社」は、正確にいうと「宗像大社辺津宮(へつぐう)」のこと。宗像大社は三つのお宮があり、それぞれに女神が祀られているのです。

辺津宮は、福岡の博多駅から電車で約40分、東郷駅下車。バスで20分ほどのところにあります。

上の図をごらんいただけるとわかりやすいかと思いますが、朝鮮半島へ向かう航路の重要なポイントに、大島、沖ノ島と、それぞれのお宮があったであろうことがわかります。

そして、話題の沖ノ島は、玄界灘のちょうど中央にポツンとある孤島であり、対馬と大島のちょうど半分あたりに在ることが分かります。
なるほど、ここで航海の無事を祈ったりするのは、心境としてもとてもよくわかる気がしますよね。ここから先に見えるのは、しばらく海原ばかり。熟練した海人族といえど、神の加護を祈りたくなるポイントなのではないでしょうか。

…さて、そんな気持ちで東郷駅に降り立った私は、決然と日本料理屋さん「史」へと向かいました。

まずは腹ごしらえですよ。

大事ですよ!
その土地のものを食べるということは!

私は旅をする時、できるだけ速やかに、その土地に身を馴染ませる必要がある、と感じるのです。
チューニングするって言うか。
そのためには、いかにもその土地らしいものを食べるのが一番です。

…というわけで、お刺身とてんぷらの定食をいただきました!
ご飯は「蒸し寿司」だそうですよ。あったかい少し酸味のあるご飯です。美味しい!

それにしても、玄界灘のお魚ってなんだってこんなに美味しいんでしょう。
豊かな海ですよね。ほんと。

(続く)