レキベン的体験~始まりの話~


歴史の本との幸福な出会い

世代的なこともあるかもしれない。地域的なこともひょっとしたらあるかもしれない。でも、私の限られた体験の中で、大きなエポックメーキングと思っているのは、網野善彦さんの著作との出会いだった。

子供のころから、歴史的な物語が大好きだった。隣の席の男の子の名前は覚えられなくても、古代の王族の名前なら覚えられた。その傾向は高校生になっても続く。 読む本は、古典を現代語訳したものや、神話や民話が多かった。ある日、ふと気付いたのは、「生きている作家」の本をほとんど読んだことがない、という事実だった。これには我ながらちょっと引いた。いくらなんでもそれはないでしょう。

そこでたまたま、手に取った本が、隆慶一郎さんの歴史小説だった。女子高生なのに我ながら渋いセレクトである。もう、おわかりだろう。そしてその次に進んだのが、網野善彦さんの『無縁・公界・楽――日本中世の自由と平和』(平凡社)だった。

私はこの本と出会い、視界が開けて、世界がパーっと明るくなったような気がした。 「そうだよね!中世にもやっぱりいろんな人がいろんな生き方をしてたんだよね!」 そう一人合点して、一人舞い上がった。当時、周囲から浮いてしまう自分に悩んでいた私は、「いろいろいて、それが豊かなんだ。」そう思わせてくれたこの本に、心から感謝した。 今読むと、必ずしもそういうことが書いてあるわけじゃないんだけど、読者は自分に引き寄せて読むから、それでいいんだろう(と思いたい)。

この本との出会いが、今思えば私の「レキベン的体験」の始まりだった。 多分に勝手な読み方をしている。場合によっては思い込みで間違えているかもしれない。でも、歴史家の本を読んだその時間だけは、一瞬今の時間から解き放たれて、とても幸せな気持ちになれるのである。その瞬間を私は愛してやまない。

だから、一生懸命歴史の本を読む。そして時に現地を訪ねる。時に講演会を聞きに行く。歴史小説や時代小説も漫画もできるだけ読みたい。何かを気づかせてもらえるかもしれない。

「レキベン」は「歴史をいつまでも勉強する」の略だ。いつまでたっても勉強は終わらない。終わらないことが嬉しい。死ぬまでずっと勉強できるなんて、やっぱり幸せなことだなあと思う。

イチモリムベ 拝

イキモンブ、始めます。~いろんな生きものがいるという幸せ~


「哺乳類が好き?…まだまだだね」と先輩が言った。
皆さんどんな生きものが好きですか?
以前勤めていた会社(生物図鑑を出している出版社)で先輩に「生物は何が好き?」と聞かれて「哺乳類」とこたえたところ、まだまだだな、と肩をたたかれたことがありました。
「カエルも深海生物も好きですよ!」と意地になる私。先輩は、…うん、まあねと言いながら頷きつつ去っていってしまいました。まさに「生きものビギナー」の烙印が押された瞬間でした。
結局私は、生きものビギナーということで、哺乳類担当ということになりました。主に犬・猫の企画を担当するのですが、何となく悔しかったことを今も鮮明に覚えています。
いや、いいんですよ。私、犬も猫も大好きだし!まさに望むとおりなんですけど!!

いろんな生物がいるって素晴らしい!
そんなわけで、私は哺乳類が好きでしたが、同僚にはいろんな人がいました。虫が好き、菌類が好き、海水魚が好き。動物より植物が好き。
これだけ見ても、本当にいろんな生きものがこの地球には生息しています。気がつかないところ…肌の表面や腸の中にも生きものがたくさん共生してますし。そういうことを考えるとやっぱりおもしろいです。
また、「想像上の生きもの」もいますよね。龍や鳳凰、妖怪、怪物。現実にはいない(とされている)ものだって、生息しているのが人間の頭の中だけだとしても、私はそれは「生きてる」んだと思うんです。
イキモンブは、そんな「生きもの」に関わることなら何でも首を突っ込んでいきます。動物園に会いに行くこともあれば、幻の生物ゆかりの地を訪ねてみたりします。
そうしたイキモンブの活動を通して、ビギナーながら、いろんな生き物が生きてるっていいな、という思いをもっと大きく深く広げていけたらいいな、と考えています。

皆さま、よろしくお願いします!

むとういくこ 拝

ブツタビ事始め~旅に出る理由~


どうにもならない原始的な衝動。

旅に出ようと思う理由は、人それぞれ。南国でゆっくりと羽を伸ばしたい、とか、オーロラを見てみたいとか、恋人や伴侶、両親や子供と「どこか」に行ければよくて場所はどこでもいいのよ、というかたもおられることでしょう。

私の場合、ちょっといつからだったか思い出せないくらい小さいころから、「旅」といえば「お寺+仏像」でした。熱心な仏教徒でもないのに、不思議なことですよね。
旅に出よう、と思うのはたいてい「あ、●●寺の阿弥陀さんが特別開帳だからいかないと!」という情報を得た時だったりするのです。出張で地方に行くときには、取材の下調査より何より、まずお寺+仏像チェックから始めてしまうという本末転倒ぶり。
海外に出ても、アジアであればその土地に残る仏教美術を探してしまいますし、ヨーロッパであれば、アジア美術コーナーの仏教美術に釘付けです。
なんでしょう。この衝動。遺伝子に組み込まれているとしか思えない決定的な支配力なのです。

さらに喜びを深めたい、という野望。
さて、そんなわけで、このブツタビでは私がたまたま知りえた特別公開情報をお知らせしたり、レポートしたりしていくページです。

さらに、あわよくば。

皆さんから、思いがけない特別公開情報をいただいたり、皆さんとお話したりして、喜びを分かち合っちゃったりできたらいいな、と思っています。ぜひぜひ、よろしくお願いします!

では、いってまいります!

むとういくこ 拝

大人の部活「石部」始動!


日本文化のもう一つの側面、「石の文化」をもっと知りたい。

日本文化は「木の文化」とよく言います。確かにその通り。これだけ木を使って建物建てたり、道具を作っている民族はそうそうないでしょう。それというのも、日本人が「木」という素材に特別な愛着を持ってきたこと、神として崇め奉る信仰心を持ってきたことも「木」を多用する大きな要因だったといえると思います。

とはいえ、日本にも、実は「石の文化」が連綿と続いています。石を加工する技術も古代から存在していました。 遺跡で発掘される石棒や石斧といった道具(祭祀用具?)はもちろん、古墳の中の石室を見ても、あれだけ大きな石を選び、切り出し、崩れないように組むことは、相当な技術力が必要です。 また、もともと前述の「木」と同様に、「石」も信仰の対象でした。古い神社のご神体には大きな石(岩)が多く含まれます。
街角のお地蔵さんや道租神も石でできていますね。石でできているので、雨ざらしになっているものも多いかもしれません。正直言って、筆者も「石はその辺にたくさんありそうだし、丈夫そう。一般の人が使いやすいから街角のお地蔵さんは石造なのかな~」なんて考えていました。あまりにも当たり前すぎて、そんなふうに風景の中の一つととらえていたんです。

……否。

それはあまりに安易な考えでした。

■石はそのへんにある?――そう簡単に「その辺」にはありません。調べてみるとびっくりするくらい遠くから運んできているのです。

■丈夫そう?――丈夫な石もありますが、全然丈夫じゃない石もたくさんあります。丈夫な石は切り出すのに特殊な技術が必要になってきますから生半可なことではありません。

こんなことを少しずつ知るごとに、石造物のすごさ・深さ・面白さにすっかりはまってしまったのでした。

石工芸界の至宝・N先生との出会い

そんな気づきを与えてくださったのは、石工芸界の至宝・N先生との出会いがきっかけでした。N先生が作り出す、また、語り表す石造物の美しいこと!石造物の一つ一つにちゃんと意味や思いがあることを先生に教えていただいたのです。

そして少しずつ、先生から教えていただいた石造物を観て回るようになりました。何しろ素人ですから、よくわかってません。でもわからないなりに観ていくうちに「あ、この石灯籠、きれい!」「この石塔かっこいい~~」なんていう好みが生じてきます。

また、言い伝え、デザインや雰囲気から、勝手に歴史を妄想してみたりします。これがもう、たまらなく楽しい!

勤めていた出版社を辞め独立した私は、この楽しさをもっと定期的に味わいたい、という思いに駆られ、大先輩ライター・石田石造(女)氏に連絡しました。 石田石造(女)氏は、N先生のお仕事をともに作り上げたお方!しかもそのお仕事をきっかけに、その後も石造物の世界を取材し続けている猛者なのです。 石田石造(女)氏は、私の切なる願いに快諾!毎月一度、一緒に石造物を見て回ろう!ということになりました。

そして石部イシブ結成!

こうして、2011年秋。私たち石部の活動がスタート。
私たちがすんでいるのは関東なので、まず地元のものをちゃんと知りたいね、と「板碑」を中心に観て回ることにしました。

「石造物」といっても、その種類は多岐にわたります。
「板碑」もそのうちの一つで、埼玉県を中心にそのほとんどが関東に在るといっても過言じゃない石造物です。そんなわけで関東にせっかく生まれからには、板碑を見ないわけにはいきません!

さて、そんなこんなで、イシブは毎月活動してます。

時に行き過ぎつつ、時に脱線しつつ、石造物との出会いを楽しんでいます。 こちらの「ありをりある.com」という場を通じて、日本中にひそかに生息しているイシブ系アウトドアな皆さんといろいろつながっていけたら嬉しいと思っています。

さあ、では、でかけましょうか!

イシブ部長 むとういくこ

これはすごい♪ 「装飾古墳データベース」


茨城県の虎塚古墳を生で見て以来、
すっかり装飾古墳に魅せられてしまいました。
この秋には、九州のほうまで足を伸ばそうかと画策中です。

そんなとき発見したのが、これ
九州国立博物館の『装飾古墳データベース』
http://kyuhaku.jmc.or.jp/

名前からはもちろん、地図からも、文様からも検索可!
すぐれものです!