レキベン的体験~始まりの話~


歴史の本との幸福な出会い

世代的なこともあるかもしれない。地域的なこともひょっとしたらあるかもしれない。でも、私の限られた体験の中で、大きなエポックメーキングと思っているのは、網野善彦さんの著作との出会いだった。

子供のころから、歴史的な物語が大好きだった。隣の席の男の子の名前は覚えられなくても、古代の王族の名前なら覚えられた。その傾向は高校生になっても続く。 読む本は、古典を現代語訳したものや、神話や民話が多かった。ある日、ふと気付いたのは、「生きている作家」の本をほとんど読んだことがない、という事実だった。これには我ながらちょっと引いた。いくらなんでもそれはないでしょう。

そこでたまたま、手に取った本が、隆慶一郎さんの歴史小説だった。女子高生なのに我ながら渋いセレクトである。もう、おわかりだろう。そしてその次に進んだのが、網野善彦さんの『無縁・公界・楽――日本中世の自由と平和』(平凡社)だった。

私はこの本と出会い、視界が開けて、世界がパーっと明るくなったような気がした。 「そうだよね!中世にもやっぱりいろんな人がいろんな生き方をしてたんだよね!」 そう一人合点して、一人舞い上がった。当時、周囲から浮いてしまう自分に悩んでいた私は、「いろいろいて、それが豊かなんだ。」そう思わせてくれたこの本に、心から感謝した。 今読むと、必ずしもそういうことが書いてあるわけじゃないんだけど、読者は自分に引き寄せて読むから、それでいいんだろう(と思いたい)。

この本との出会いが、今思えば私の「レキベン的体験」の始まりだった。 多分に勝手な読み方をしている。場合によっては思い込みで間違えているかもしれない。でも、歴史家の本を読んだその時間だけは、一瞬今の時間から解き放たれて、とても幸せな気持ちになれるのである。その瞬間を私は愛してやまない。

だから、一生懸命歴史の本を読む。そして時に現地を訪ねる。時に講演会を聞きに行く。歴史小説や時代小説も漫画もできるだけ読みたい。何かを気づかせてもらえるかもしれない。

「レキベン」は「歴史をいつまでも勉強する」の略だ。いつまでたっても勉強は終わらない。終わらないことが嬉しい。死ぬまでずっと勉強できるなんて、やっぱり幸せなことだなあと思う。

イチモリムベ 拝

恒例・奈良博の「正倉院展」も10月から


一日動員数世界一を誇る、毎年恒例奈良博の「正倉院展」。今年もこの季節がやってまいりましました。今年の必見は、だれもが歴史の資料集で目にしたことがあるであろう「瑠璃杯(るりのつき)」かな~。個人的には!

開催【2012年10月27日~11月12日】

奈良国立博物館http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2012toku/shosoin/2012shosoin_index.html

 

出雲と中国の至宝が同時に見られます!10月のトーハクはすごい!


東京国立博物館の10月がアツいです!

なんと10月10日から二つの特別展が同時開催。
こんな機会はめったにないですよね!

「中国 王朝の至宝」
【2012年10月10日~12月24日】
日中国交正常化40周年記念。168点の名品勢ぞろい。うち一級文物60%だそうです。

「出雲 聖地の至宝」
【2012年10月10日~11月25日】
古事記1300年、出雲大社大遷宮特別展。ちょっと前まで京都国立博物館で「大出雲展」が開催されていましたが、東京でも開催されます!大量の青銅器が出土して話題になった荒神谷遺跡、加茂岩倉遺跡の出土物や、出雲大社が本当にめちゃくちゃ高い建造物だったことを証明した「宇豆柱(うずばしら)」も見られます。

東京国立博物館
http://www.tnm.jp/

「鎌倉密教~将軍護持の寺と僧」@金沢文庫開催中(~10/8)


金沢文庫で、「鎌倉密教」の特別企画展が開催されています。

鎌倉幕府はなんとなく禅宗の気配が濃いなあ、と思い込んでましたが、密教もやはり濃く入っているんですね。武家にとっての都であった鎌倉を護持するため、神事や密教の修法を行ったとのこと。鎌倉時代の関東密教を知るいい機会ですね!

中世歴史博物館 神奈川県立金沢文庫
http://www.planet.pref.kanagawa.jp/city/kanazawa.htm

これはすごい♪ 「装飾古墳データベース」


茨城県の虎塚古墳を生で見て以来、
すっかり装飾古墳に魅せられてしまいました。
この秋には、九州のほうまで足を伸ばそうかと画策中です。

そんなとき発見したのが、これ
九州国立博物館の『装飾古墳データベース』
http://kyuhaku.jmc.or.jp/

名前からはもちろん、地図からも、文様からも検索可!
すぐれものです!