ニホンオオカミに会いたい①


ちょっと前の話。
NHKのETV特集で『見狼記』というドキュメンタリーが放映されて話題になりました。
*ETV特集『見狼記』
http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2012/0219.html

日本全国に生息していたニホンオオカミは、100年ほど前に絶滅したとされてます。

でも、今も絶滅してないと信じて追いかけ続けている人もいれば、本当にいるかどうかは関係なく、先祖からのオオカミ信仰を今も伝えている人々もいます。
この番組は、ニホンオオカミを取り巻く状況、人々を、そのダークな部分とか、いかがわしさも含めてうまく編集されていて、とても面白かったのです!

そんなわけで、私はがぜんやる気になってしまいました!

番組の中で、とても不思議な神事を行っているオオカミ信仰の神社が紹介されてまして。
それは、埼玉県北部の寄居町にある、「釜山神社」というところ。
実はオオカミ信仰といえば三峰神社@秩父神社ってかんじで、三峰神社が有名なんですけど、この釜山神社のことは全然知りませんでした。
とはいえ我が家から車で一時間くらいでいけます。
これはいくしかないですよ!!

でも、一人で行くのは心細い。…きっと物淋しい山奥の神社だし。

そう思った私は、変なとこ行くときには、絶対この人はウンと言ってくれるステキな友人で元同僚のサイトーさんにメール。さらにサイトーさんのパートナーで、山岳や秘境の映像ドキュメンタリーを制作しているカワサキさん、生物の図鑑を作っている面白好き編集者ヤマダさんにもメールメール♪
思った通り、全員即レス。
ウケるのは全員その番組をきっちり見ていたこと。

「あの釜山神社にいってみたいんだけどさ~」

その私の一言に、説明も必要なくOKしてくれたのでした。さすが過ぎ…

(続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です